【2021】スマホ依存対策アプリおすすめ3つ - デジタルデトックスで願望実現加速

スマホ依存対策

2021年、今年こそ夢を叶えたい人におすすめのスマホ依存対策アプリをご紹介します。
脱スマホ・デジタルデトックスこそが、乱れた波動が飛び交う風の時代の初期において最強の願望実現法になります。

「スマホをやめたいのにやめられない…」と感じている人も多いことでしょう。
スマホ依存対策アプリのダウンロード数が急増していることからも、スマホの悪影響を感じている人が多いことがわかります。
完全にデジタルと縁を切ることはできない時代ですが、スマホの使用時間を管理するアプリを使えばセルフコントロールがしやすくなります。

スマホを使う時間を減らして、夢の実現を加速させましょう。

関連スマホが引き寄せをブロックする7つの理由

StayFree - スマホ依存対策 スクリーンタイム【アプリ使用時間を計測】

スマホ依存対策アプリ
★StayFreeを使うと…

  • アプリごとの使用時間を計ってくれます。
  • どのアプリをどれくらい開いているかがわかります。
  • グラフで期間ごとのスマホ使用時間を確認できます。
  • 使用制限を設定できます。
  • バイブや通知で使いすぎを警告する設定ができます。

Google Play で手に入れよう

★iPhoneは「スクリーンタイム」を活用

iPhoneはiOS12以降なら「スクリーンタイム」という機能があります。
これを使うとスマホの使用時間の計測と制限ができます。
アプリをカテゴリごとに設定できて便利です。

スクリーンタイムを使えば、自分や子どもが App、Web サイトなどに、どの程度の時間を費やしているのかを把握できます。そのため、デバイスの使い方について判断する材料が増え、必要に応じて制限を設けることができます。

スクリーンタイムの設定方法(Apple サポート)

Forest: スマホ中毒の解決法【タイマーを使って勉強・仕事に集中】

脱スマホできるアプリ
★Forestは…

  • 集中したいときにセットするタイマーです。
  • スマホを使わない時間を増やせます。
  • スマホを放置するほど木が育ちます。
  • 勉強中・仕事中のスマホ制限に最適です。

Google Play で手に入れよう

Download on the App Store

Pocket【オフラインで記事を読む】

デジタルデトックスに使えるアプリ
★Pocketを使うと…

  • ウェブ上の記事を保存してまとめて読めます。
  • オフラインでも読めます。
  • 記事の音声読み上げもできます。
  • 余計な広告や装飾を排除できます。
  • 集中して文章が読めます。

Google Play で手に入れよう

Download on the App Store

脱スマホの効果的なやり方

1.スマホの使用時間を把握する

脱スマホを効率よく進めるには、まず自分のスマホの使用時間をチェックしましょう。
iPhoneならあらかじめ入っているスクリーンタイム機能、AndroidならStayFreeをダウンロードして使います。

アプリごとに「○時間○分」と表示される使用時間を見るという体験が重要です。
どれだけ時間を使ったのかを視覚的に把握するとどれだけ時間を無駄にしてしまったかに気づき、ショックを受けるものです。そのショックで脱スマホできます。
一週間ごと、一ヶ月ごとの使用時間をグラフで眺めるのも効果があります。

時間を無駄にしてしまったと理解したときのショックを感じることが大切です。
初めは制限機能を使わずに、どれだけスマホに時間を使っているかを数字で把握するだけのほうが効果的です。

スマホの使用時間を数字で把握するショックは、夢や目標が大きい人ほど大きくなります。
やりたいことが明確になっている人ほど、時間を無駄にしてしまったショックは大きいのです。

繰り返し、何度も自分のスマホ使用時間に衝撃を受け続けると脳の配線が変わってきます。
まずは3週間ほど、無制限で使用時間の計測だけ続けてみましょう。

2.タイマーをセットして他のことに集中する

スマホの使用時間を計測し続けると、自然とスマホを使う時間を減らしたくなってきます。
そうなったら次は、タイマーをセットしてその間はスマホに触れないようにします。
これにはForestなどのアプリを使うと楽しみながら脱スマホができる上に、勉強や仕事の集中力もアップするのでおすすめです。

スマホ以外のことに集中する時間が少しずつ増えてくると生活が豊かになってきます。人生が充実してきます。
「スマホをやめる!」と力むよりも、「スマホ以外のことをする時間を増やそう」と考えたほうがうまくいくでしょう。

3.なるべくオフラインで使うようにする

普通に生活していれば完全にスマホから離れることはできないでしょう。
しかし、健康的な使い方に切り替えることはできます。
健康的なスマホの使い方とは、なるべくオフラインで使うことです。

「常につながっている」状態が不健全なのです。
スマホの問題点はそこにあります。
つながっている時間をコントロールできればスマホを健全に使うことができるようになります。

これに役立つのがPocketです。
読みたい記事をPocketに保存して、あとで読む。
これだけで際限のないネットサーフィンに歯止めをかけることができます。
Pocketはオフラインで記事を読むこともできます。
保存しておいた記事をオフラインでまとめて読むと、ネット上の情報を本のように扱うことができます。

4G(5G)通信やwifiをオフにするか、SNSやメールなどの通知をすべてオフにしておくと記事を読むことに集中できます。
この使い方だと自然と雑多な情報は避けるようになり、価値のある情報だけを選ぶようになるので、取り入れる情報や知識の質が上がるというメリットもあります。

1.使用時間の把握
2.タイマーの使用
3.オフライン利用を増やす

この3点をおさえておけば効果的に脱スマホ依存ができるかと思います。
さらに脱スマホの度合いを進めたい人はスマホの代わりになるものを持つといいでしょう。

スマホの代わりになるものを持つ

紙の本

スマホをいじる代わりに紙の本を手に取るのは素晴らしい習慣です。
読みかけの本をいつも用意しておきましょう。

Kindle Paperwhite

スマホの代わりにKindle Paperwhiteを持つのもおすすめ。
電子書籍を読むことしかできないという“自由”があります。

時計

時計を持つ(身につける)ようにすると、時間を確認するためにスマホを取り出すことがなくなります。
スマホに触る時間が減るので、スマホ依存対策になります。

アナログ時計で時間を確認するというのは今の時代、贅沢な気分にひたれる特別な行為です。
お気に入りの時計を持てば「私は時間を大切にしている」というメッセージを潜在意識に刻み込むこともできます。
アナログの時計は「時間泥棒」に対するお守りになるのです。

記事下アドセンス

-仕事・勉強のための引き寄せの法則
-,