他人との比較をやめる方法

他人を気にしない女性

望んだ状況を引き寄せるのに邪魔になる感情の代表格が「他人と比較」です。
人と比べるのをやめれば望みは実現し始めます。

しかし、他者との比較は簡単にやめられるものではありません。
特に現代ではあまりにも他者との比較にさらされる原因が多いので、“比較の呪縛”から抜け出すのがむずかしくなっています。

比較だらけの現代社会で、他人との比較をやめる。
そんな自由な心を手に入れるコツは、自分なりのタイミングで物事を経験することの魅力に気づくこと。
自分なりのタイミングで人生を楽しむコツをつかめば、あらゆる願望の実現が自分なりのタイミングで引き寄せられてくるようになります。

比較するとなぜ叶わないのか

なぜ他人との比較によって引き寄せのプロセスが阻害そがいされるのか。
その理由に気づけば願望を実現させる方法も見えてきます。

なぜかと言えば、他者との比較は「本当は望んでいないこと(もの)」を求めさせるからです。
他人と比較されると、本来の自分が望むはずではないことを望んでしまう。人間の心にはそういう性質があります。

本当は望んでいないことを自分の願望としてしまうと、潜在意識はそれに抵抗します。
表面の意識と潜在意識の食い違いによって「望んでいるのに叶わない」「求めているのに手に入らない」という状態になります。

逆に、本当に自分が望むことには潜在意識の抵抗がありません。
叶いやすい——というよりも、気づいたら叶っていた、というような実現の仕方をします。
他人との比較から逃れられると、このような願望の持ちかた、叶いかたが実現するのです。

ではどうしたら他人との比較を避けられるのでしょうか?
大事なのは自分なりのタイミングで物事をおこなう心地よさに気づくことです。

「自分なりのタイミング」の魅力

自分なりのタイミングで何かをするのは楽しい。
このことに気づくと他人との比較から逃れることができます。

現代はみんなが同じタイミングで同じことをすることが世界の潮流となっています。
そんななかで、わずかな人が「自分なりのタイミング」の魅力に気づいています。
みんなと一緒に、みんなと同じことを、みんなと同じタイミングでしなくてもいい——当たり前のことなのですが、なかなかこのことに気づきづらい時代です。

恋愛、結婚、就職、起業、勉強、趣味、“推し活”、旅行……あらゆる経験を自分なりのタイミングで楽しもうと思えば、その瞬間から無限の可能性が開きます。
そして少しずつでも何かを自分なりのタイミングで始める、自分なりのタイミングで進めることの心地よさ、満足感を味わえば、他人との比較は心の中から消えていきます。

自分なりのタイミングで何かをすることが当たり前になると、自分ならではの願望が自然と生まれてきます。他者の影響を受けていない純粋な願望です。
他人との比較にさらされていたときに抱いた願望も、次第に自分の心にぴったり合う形に変わって「本当の願望」に調整されていきます。
こうして生まれた願望は叶いやすい。さらに、叶っていく過程ですでに幸せになっている。それが他者との比較から解放された人の世界です。

比較を強化するコミュニティ

他者との比較を強化するのはあなたが所属しているコミュニティの影響です。
グループ、組織、クラブ、サークル、SNSなど、どんな集団でもそこに属せば他者と自分を比較する心理は強化されます。
これは“いい影響を与えてくれるポジティブなグループ”も例外ではありません。グループに所属して向上心を刺激してもらえている、と思っていても、実際には比較にさらされて自分を見失っていただけだった、ということがよくあります。

しかし、だからといってすべてのコミュニティから離れるというわけにはいかないでしょう。
そこまでする必要はありません。
大事なのは、集団に属しているうちはその影響を受けていることに気づけない、という人間の心の死角を知っておくことです。
集団の影響は、その集団から離れてみないと自覚できないのです。
なので、一定期間でも所属しているコミュニティから距離をとることを意識的にしてみるのがおすすめです。
完全に縁を切るまでいかなくても、いつも関わっている集団から少し離れてみるだけで他者からの影響をある程度リセットできます。
一人で活動する期間を定期的につくって、その期間に集団の影響を“解毒デトックス”しながら自分なりのタイミングでの活動を楽しむ、というライフスタイルを取り入れてみましょう。
そうすれば他人との比較をやめるのはむずかしくありません。

あなただけの願望が、あなたならではのタイミングで叶っていく。
そんな人生を引き寄せましょう。

記事下アドセンス

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-,