あなたのための引き寄せの法則 - 実践的潜在意識活用法

引き寄せの法則の実践方法。引き寄せるコツ、やり方。

引き寄せたいのに“ワクワク”できない…どうしたら?

2019/02/05

ワクワクで引き寄せな女性

引き寄せの法則を成功させるコツはワクワクを感じることだと言われています。
イメージングして → ワクワク感に集中すると → 実現する というわけです。

しかし「ワクワクできない…」と悩む人も多いのが実情です。

ワクワクしようとしてもできない人がワクワクするにはどうしたらいいのでしょうか?
その秘訣はドーパミンにあります。


ワクワク=ドーパミン

「ワクワク」とは何かと言うと、その正体はドーパミンです。
ドーパミンは脳内物質の一種で、欲しいものが手に入りそうなときや快感を期待するとき、達成感を得る直前に放出されます

イメージング(視覚化)するとあなたが欲しいもの、達成したいことを目の前に感じることができます。そのときドーパミンが放出されると「ワクワク」が感じられるのです。

この脳内物質がひとたび放出されると、あなたの脳は何としてでも願望を実現しようとします。
ドーパミンは私たちの潜在能力を引き出し、積極性を高め、行動力をアップして目標に向かわせるのです。
これが「ワクワクで引き寄せが発動する」メカニズムです。

ワクワクの正体はドーパミン。それならドーパミンが出やすい状態になればワクワクできるということです。
ドーパミンを出すにはどうしたらいいのでしょうか?

引き寄せ加速物質ドーパミンを出す方法

ドーパミンのもとになる栄養をとる

チロシンというアミノ酸がドーパミンの原料です。
チロシンを含む食品は色々ありますが、おすすめはヨーグルト。
ヨーグルトはチロシンを含んでいるだけでなく腸内環境を整える効果も期待できます。ドーパミンは腸内でも作られています。
ヨールグルトはダブルでドーパミン生成を促す「引き寄せ加速食品」と言えます。

参考引き寄せのコツ"いい気分"は腸内環境を整えれば生み出せる

ほかにドーパミンのもとになる栄養素を含む食品としては大豆、バナナ、チョコレートなどがあります。この3つも腸内環境を整える効果を合わせ持っています。

小さな達成感を得る

ドーパミンを増やすコツは小さな達成感を味わうことです。
小さな達成感を味わうと脳はその快感と同等かそれ以上の達成感を求めてドーパミンを出します。そしてまた達成感を得るとドーパミンが放出され…というように循環します。

小さな達成感を味わうコツは自分へのご褒美を用意しておくことです。
自分へのご褒美としておすすめなのが、先述の「引き寄せ加速食品」。
何かやり遂げたらこれを自分へのご褒美としておやつにしましょう。

◎バナナをトッピングしたヨーグルト
◎豆乳ココア(大豆+カカオ)

恋をする

ドーパミンは恋に落ちるときに出る恋愛感情のもとでもあります。
恋をしているとなぜか不思議な力がわいてきて、自分が自分ではないかのようにがんばれるもの。それは実はドーパミンの効果なのです。
成功者や過去の英雄たちも恋のエネルギー=ドーパミンで偉業をなしてきました。

「恋と言われても、既婚で倦怠期なんですけど…」という方もいることでしょう。
そういう人は、夫と今まで行ったことがないところに行ったり、したことがないことをしてみてください。倦怠期でも二人で何か新しいことをするとドーパミンが出るので、再びワクワクすることができるはずです。

まとめ

  • ワクワクの正体はドーパミン。
  • ヨーグルト、大豆、バナナ、チョコを食べるとドーパミンのもとになる。
  • 恋をするとドーパミンが出る。

記事下アドセンス

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-, , , ,