あなたのための引き寄せの法則 - 恋愛成就や出会い、特定の夢を叶える

引き寄せの法則の実践方法。引き寄せるコツ、やり方。

引き寄せの法則で彼氏と結婚 特定の相手にプロポーズされる方法

彼氏との結婚を引き寄せの法則で叶えた女性

今の彼氏と結婚したい方向けの引き寄せの法則のやり方です。

  • 「いつになったらプロポーズしてくれるの?」と思っている。
  • ずっと付き合っている彼が結婚の話をしたがらない。
  • 同棲中の彼がいつまでも煮えきらない。
  • 彼を真剣にさせたい。

といった方に役立つ引き寄せのテクニックをご紹介します。


特定の相手との結婚を現実化する引き寄せのやり方

1. 結婚生活をイメージする

結婚後の生活をイメージしましょう。
結婚してからしばらくたった頃の未来を想像するのが効果的なイメージングになります。

式のバタバタや、ラブラブのハネムーン、新生活の緊張感が過ぎ去った頃の暮らしを想像します。
あなたと彼の2人で過ごす毎日、あるいは赤ちゃんを入れた3人の暮らし、人によっては両親や義親も含めた日常です。

結婚後の生活をイメージすると潜在意識にその暮らしをゴールとしてセットすることができます。
潜在意識に「夫婦になっているあなたと彼」がセットされると、その過程にあるプロポーズや結婚式といったイベントは意識しなくてもあなたの運命の上に設定されていきます。

2. すでに夫婦になっているつもりで過ごす

結婚生活をイメージしながら、今からすでに夫婦になっているつもりで過ごしましょう。
「まだ入籍していない」という現在の状況は問題ではありません。すでに入籍している未来が重要です。
自分の中で婚約を完了してしまいましょう。

「私たちは良い夫婦になっている」というアファメーションを使うのもおすすめです。
「私たちは結婚している。良い夫婦になっている」と1日3回ほど声に出して言ってみましょう。

3. 結婚への執着を手放す

「早くプロポーズしてほしい」という気持ちを手放します。
すぐに結婚したいと思うと「結婚できていない」という思考の波動が出てしまい、煮えきらない状態が続いてしまうのです。

結婚への執着を手放す方法として効果的なのが「結婚後の生活をイメージする」「すでに夫婦になっているつもりで過ごす」という前述のテクニックです。

簡単にプロポーズを引き寄せるコツ

プロポーズの瞬間はあえて意識しない

プロポーズされるときのイメージはあえてしないほうが実現率が高まります。
引き寄せは「どうやって叶うか」を指定してしまうと発動率が下がるのです。

プロポーズの方法は彼におまかせ、婚約にいたる道筋は宇宙におまかせしましょう。

指に馴染んだ指輪のイメージ

プロポーズというと「箱パカ」(ひざまずいて婚約指輪の箱を開ける)に憧れる女性は多いもの。
引き寄せのイメージングで箱パカを視覚化している方も多いのではないでしょうか。

婚約指輪を視覚化するのは効果がありますが、箱パカ以上に強力な指輪のイメージ法があります。

それは指に馴染んだ指輪の感触をイメージするというテクニックです。
5年くらい薬指につけ続けた指輪の感触そのものを想像するのです。

この方法だとより強力に潜在意識に「結婚している未来」をインプットすることができます。

結婚生活3年目の夫婦になりきる

すでに夫婦になったつもりで過ごすのがコツですが、新婚ホヤホヤの状態よりも3年目の夫婦くらいの状態をイメージするほうが強い引き寄せ効果が発揮されます。

「倦怠期を引き寄せてしまうのでは?」と不安になってしまうかもしれませんが、大丈夫です。
落ち着いた夫婦関係にいたるまでの過程にはちゃんと蜜月期がありますし、落ち着いているように見えて実はラブラブ期がずっと続いている夫婦はたくさんいます。

電撃婚の秘訣は手放し

「できるだけ早く結婚したい」「電撃婚を引き寄せたい」という方も多いかと思いますので、引き寄せを加速するコツをお教えします。

特定の相手との結婚を引き寄せる速度を早めるコツは手放しです。
結婚への執着を手放すほど婚期が早まります。

焦りこそ失敗の原因です。焦るほど「結婚したい=結婚できない自分」というセルフイメージを強めることになってしまいます。

あなたが結婚に執着しなくなるとそのリラックスした波動がソフトテレパシーとして彼に伝わります。
すると、彼の潜在意識に「○○(あなた)を離したくない。プロポーズしよう」という意思が形成されるのです。

まとめ

  • 結婚3年目の生活をイメージング。結婚後の未来を引き寄せる。
  • すでに夫婦になっているつもりで過ごす。薬指に馴染んだ指輪の感触をイメージ。
  • 執着を手放すほど電撃プロポーズの可能性がアップ。

記事下アドセンス

-恋愛・結婚のための引き寄せの法則
-,