連絡が来る引き寄せの法則 好きな人からのメールを呼ぶ潜在意識

renrakukuru

引き寄せの法則で好きな人からの連絡を呼び込む方法。

気になる特定の相手との恋愛、音信不通からの復縁に役立つ潜在意識の使い方をご紹介。

「連絡が来た…!」
その瞬間を上手にイメージして現実化するコツとは?

連絡を引き寄せる3つのステップ

1.「連絡が来た」をイメージ

引き寄せの第一歩は、連絡が来たところをイメージすること。

メールが届いたときのスマホの反応。
ラインの通知が表示されるときの感覚。
バイブレーションや音、そのときのあなたの気持ちを想像してみよう。

想像は、現実のことのように感じるようにする。
妄想のように広げてしまうと、「現実にはあり得ないこと」だと潜在意識にインプットしてしまう。

過去に実際にあったことを思い出すように未来をイメージする。
これが想像を現実として受け入れるイメージ法のコツだ。
想像する未来の、さらにその先の未来にいるつもりでイメージングしてみよう。

2.「来てほしい」欠乏の波動を遮断

「連絡が来てほしい」と念じないように注意しよう。

来てほしい気持ち=来ていない現実。
来ないという欠乏のマインドを宇宙に送信することになる。

来ることをイメージしたら、あとは忘れてすごすくらいでちょうどいい。
イメージングは1日1~3回くらいで十分だろう。

好きな人と仲良くなるコツは意識しないこと。
復縁を成功させるコツは執着しないこと。
それくらいの気持ちでリラックスして引き寄せの法則を実践しよう。

3.潜在意識の導きでつながる

イメージングによって潜在意識のアンテナが立つと、思わぬきっかけであの人からの連絡を引き寄せるようになる。

今まで気づかなかったことに気づくようになったり、何か新しいことがしてみたくなったりする。
潜在意識の導きによる気づきや行動は、想像をこえた方法であの人の気持ちをあなたに向かわせる。

直接やりとりの再開に結びつかないような思いつきほど潜在意識の導きである可能性が高い。

インスピレーションにしたがって考えたり行動することで、彼からの連絡を引き寄せるあなたに変わるのだ。

連絡が来るのが当たり前の状態になる

普段どおりに返信、会話しているあなた

好きな人の連絡を引き寄せる最大のコツ。
それは、気になる人と普段どおりに返信、会話しているあなたを想像すること。

そして、実際にあの人とやりとりするのが当たり前の日常を受け入れられるようになろう。

あの人があなたに連絡をくれるのは特別なことではない。自然で、当然の行動だ。

そう潜在意識から思えるようになれば、その特別な喜びがあなたの日常になる。

「連絡が来ない現実」をつくる喜びかた

一方で、連絡が来たことを大げさに喜んでいるところをイメージングすると現実化はむずかしい。
うれし涙を流して舞い上がっているような状態を妄想して現実化するのはむずかしい。

なぜか。
大げさに喜ぶ=連絡が来るのが異常、連絡が来ないのが普通という現実を受け入れてしまっているからだ。

喜びの波動を引き寄せに活かす法

しかし、喜びの波動は引き寄せを加速する貴重なエネルギー。効果的に使いたい。

そこで、次のイメージング法が連絡を引き寄せる上で最大の効果を発揮するものとなる。

喜びを胸に秘めながら普段通りの感じでやりとりしているイメージ。

これが現実化にもっとも近いヴィジュアライゼーションの方法。

胸に秘められた喜びの波動はストレートに宇宙に届き、あなたの潜在意識は大切な人とつながる日々を現実として受け入れるだろう。

“引き寄せの電波障害”の原因は○○の低さ

renrakukurukana

「受信失敗」させるセルフイメージの低さ

連絡引き寄せの成功をさまたげているのはセルフイメージの低さ。
「私はあの人からのメールを受け取るのにふさわしくない」という潜在意識上の不安が失敗の原因だ。

このセルフイメージは深層心理にひそみ、自覚しづらい。
そのため、表層意識での願望はあの人とやりとりをすることなのに、潜在意識ではまったく反対のこと…連絡してほしくないと願っている状態におちいりがち。

連絡を遠ざける波動を放つ潜在意識

「嫌われてるのかも」
「私にはあの人と関わる価値なんてない」
「私がいないほうが彼は幸せになれる」
「私はいつも人に避けられる」

そんな自己肯定感の欠如が「だから、連絡しないで」という波動を発してしまう。

どうしたらいいのだろう?

セルフイメージ=受信感度を高めるアファメーション

セルフイメージを高めるにはアファメーションが効果的。
次の自己説得の文章を声に出して読んでみよう。
1日2回、朝起きたときと夜寝る前におこなうと効果的だ。

  • 「私には誰からも愛される資格がある」
  • 「あの人と連絡をとりあうのは自然なことだ」
  • 「私はあの人にふさわしい」
  • 「私には価値がある」

まとめ

  • 「連絡が来た」をイメージ。“回想するように未来を想像する”のがコツ。
  • 連絡が来るのが当たり前の状態になる。“喜びを隠しながら普段通り接するイメージ”が最強。
  • セルフイメージ=受信感度を高める。アファメーションを使う。

この方法ならメール・ライン・電話を引き寄せ、その先の関係を発展させる効果まで期待できる。
気になる人がいる場合や、音信不通からの復縁に役立ててみよう。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-恋愛・結婚のための引き寄せの法則
-,