あなたのための引き寄せの法則 - 恋愛成就や出会い、特定の夢を叶える

引き寄せの法則の実践方法。引き寄せるコツ、やり方。

就活で面接合格を引き寄せる方法

2019/02/28

引き寄せられた面接官


面接がうまくいった状態をイメージングで引き寄せる

就職の面接を引き寄せの法則で成功させるには次のことをイメージします。

  • 面接が終わったあとのスッキリした気持ち。
  • 就職が決まって初出社しようとしている自分の姿。
  • すでにその職場で働いている様子。
  • 通勤、退勤で通る道。

ポイントは“すでに就職している状態”を思い描くことです。
面接の先にある未来をイメージすることが大切です。

すでに就職が決まって働いている自分がイメージできると、その姿が潜在意識に刻まれます。
潜在意識に「すでに就職している自分」のイメージが入ると、自動的にそのイメージを現実化する力が働き始めます。
いつのまにか面接が上首尾に終わっているということが起こるようになるのです。

潜在意識にまかせてリラックス

実際に面接にのぞむときは無心でいきましょう。
何を話すべきか、どんなことを聞かれるのかを心配する必要はありません。

潜在意識に「すでに就職しているあなた」がインプットされていれば、その状態を現実化するために必要な受け答えが自然と口から出てくるようになります。

こうした潜在意識の働きは精神がリラックスしているときにもっとも活性化します。
肩の力を抜いていくとうまくいくことが多いのはこのためです。

緊張しないようにするには

面接は緊張しますよね。
でもみんな緊張しているから大丈夫です。

最後に緊張をふせぐコツをご紹介しておきましょう。

緊張しないコツは、緊張しようとすることです。

緊張しないようにしようとすると緊張してしまいます。
しかし緊張しようとしてもできないのが人間の心の仕組みです。

「就活生の中でいちばん緊張してやろう!」
これくらいの意気込みでいけば緊張することはもはや不可能になるでしょう。

うまくやろうとしなくても大丈夫。力を抜いていきましょう。
「面接がうまくいった“後の”状態」がイメージングできていれば、自然と受かっている未来が引き寄せられてきます。

まとめ

  • すでに就職して仕事をしている生活をイメージング。
  • 受け答えは潜在意識にまかせてリラックス。
  • 緊張しようとすると緊張できない。

関連おすすめ記事

人と会うときや電話するときに緊張しない潜在意識を作る方法

記事下アドセンス

-仕事・勉強のための引き寄せの法則
-,