あなたのための引き寄せの法則 - 実践的潜在意識活用法

引き寄せの法則の実践方法。引き寄せるコツ、やり方。

夢が見つからない人が夢を見つける方法

2019/03/13

夢が見つかった少女


あなたの中にある夢の種

もともと自分の中にある

道端には季節ごとに色々な花が咲いています。しかし普段は見過ごしているものです。
ある日とつぜん花が咲いているのを発見します。ずっとそこにその花はあったのですが、あるとき“気づく”のです。
夢を見つけるプロセスはこれと同じです。

イメージすると夢に気づける

自分が何かをやっている場面をイメージしてみましょう。
イメージによって“体験”すると夢の種が見つかります。

もし何かをやっているところをイメージしたときに心が反応したら、その夢の種は咲くでしょう。
心が反応しなければ、他人がどれだけ素晴らしいと言うようなことでもそれはあなたにとっての夢の種ではありません。

何かやりたいことがあっても、
「でも、そんなの無理に決まってる…」
という言葉が心に浮かんでくる人が多いです。
しかし気にすることはありません。思い描けることはたいてい実現できます。

みんなただ気づくだけ

夢や目標を持っている人は何か特別なものを持って生まれてきた存在であるかのように私たちの目に映ります。それは錯覚です。
みんなただ自分の夢に“気づいた”だけなのです。
どのような夢も自分の外側で見つかることはありません。すべて内側にあります。

気づいた瞬間から夢は意識されてその人の中で拡大していきます。
そしてあたかもそれが“もともとそこに咲いていたように”他人に発見されるのです。

自分の夢に気づく方法

自分の夢に気づく最良の方法は紙に書き出すことです。
少しでも興味があることを紙に書いていきましょう。

どんなことでも思いついたことを書いていく。書くという行為自体に意味があります。
実現できるかどうかを気にする必要はまったくありません。
意味不明の思いつきを書いても大丈夫。他人に見せるものではありませんので、自由に書きましょう。

一度にすべて書きださなくてもOKです。書き直すのも自由です。
思いついたとき、思いついたことを何でも書いてみましょう。

スマホのメモを使ってももちろんいいのですが、もし可能であれば本物の紙とペンを使うのがおすすめです。

参考引き寄せたいなら『書く』こと

潜在意識が夢の扉を開く

紙に思いついたことを書くとその言葉がランダムな情報として潜在意識にインプットされます。
潜在意識上であなたの書いたこと、イメージ、記憶、外からの情報などが無限のパターンで組み合わされ、一つの答えが生み出されます。
そうです。その答えこそあなただけの「夢の種」なのです。

夢に気づく瞬間はさまざまなパターンで訪れます。

  • インスピレーションのようにひらめく
  • 書きだした文字の中に発見する
  • 向こうからチャンスが引き寄せられてくる
  • いつのまにか夢に向けての行動を開始していた

思いつきを書きだす習慣を持つとこのようなことが起こるようになるでしょう。

あなたの夢の種が見つかったら、引き寄せの法則を使って咲かせましょう。

まとめ

  • 「夢が見つかる」とは「夢に気づく」ということです。
  • あなたの中にもかならず夢の種があります。
  • 紙に思いついたことを書くと夢の種が見つかります。

関連おすすめ記事

理想の仕事を引き寄せる法

記事下アドセンス

-仕事・勉強のための引き寄せの法則
-, ,