引き寄せの法則で家を買う 潜在意識でマンションに引っ越し

myhome

引き寄せの法則を使って家を買うノウハウをご紹介。

  • 理想の家を建てたい。
  • マンションを買いたい。
  • もっと良い部屋に引っ越したい。
  • 住みたい場所がある。

こうした願望に対応した具体的な引き寄せの使い方。

“家を引き寄せる”は叶いやすい。
潜在意識の力を使って実現できる願望の中では、成功している人が多いものの一つだ。
希望をもって実践してみてほしい。

「家」を引き寄せる方法

まずは基本的な引き寄せのやり方から見ていこう。

1.理想の家・マンションをイメージする

あなたが住みたい家やマンションをイメージしよう。
本当に目の前にその建物や部屋があるかのように視覚化する。

頭の中にあなただけのモデルルームをつくるのだ。

映像としてイメージできたら、次は感覚を想像する。
五感を使ってイメージすることで「すでに住んでいるつもりになる」ことができる。

2.すでに住んでいるつもりになる

頭の中に作った“モデルルーム”に想像力を使って住んでみよう。
五感を使ったイメージングで、想像上の部屋の中を歩いてみるのだ。

我が家を眺める。
玄関まで歩く。
ドアノブに手をかける。
扉を開くと蝶番がわずかに音を立てて開く。
部屋の中の匂い、外気と隔てられた空間の独特の空気が顔を撫でる。
フローリング(大理石でもいい)を足で感じる。
家具に触れる。テーブルの素材を指先で確かめ、座り心地のいいソファに身をしずめる。

すでに住んでいるような気分になってみよう。
その気分が潜在意識の力を引き出し、現実化した家を“受け取る”準備がととのう。

3.“受け取り”、引っ越す

イメージした理想の部屋。
そこにすでに住んでいると思い込もう。

すでにその家はあなたのものなのだ。
いまは“建設中”。素粒子レベルでの建設はすでに始まっている。
あるいは、その家はすでにあなたのものだが、いまは他人に貸しているだけなのだ。

そう考えることで、宇宙の法則にしたがってその家は実際にあなたのものになる。
現実は後からついてくる。
まずは心の中で所有することが大切なのだ。
心の中で宇宙との契約が完了すると、現実世界において受け取りの準備が完了したことになる。

あとは物質化したカギを受け取り、引っ越すだけだ。

“受け取り”には少々、時間がかかるかもしれない。現実の不動産を手に入れるときの手続きと同じだ。
その間、さらに引き寄せを加速する方法を実践してみよう。楽しんでできる方法だ。

家(マンション)引き寄せを加速する5つのテクニック

イメージはストーリー仕立てにしない

あなたは、ある日とつぜん理想の家に住んでいる。
いつもの生活の中で、ふと「前から住みたかった所に住んでいるんだ」と思い出す。
このように、実現した後の状態、結果だけをイメージしよう。

いきなり途中から物語が始まる。
映画やドラマの脚本でよく使われる手法と同じだ。

飛躍こそが潜在意識の力
願望が実現するまでのプロセスを考えてしまえば、それはただの計画になる。
地に足のついた計画は大切だが、それでは飛躍できない。
大きな願望ほど、想像できないアッと驚くようなどんでん返しで実現するものだ。

モデルルームに出かける

モデルルームに出かけよう。
住みたいマンションや、理想に近い一軒家のモデルルームに行ってみよう。
不動産屋の人に営業をかけられるのが少々鬱陶しいが、「購買意欲のある冷やかし客」を演じ切ろう。

ネットや雑誌で写真をみるのも楽しいものだが、実物を見るほうが五感から受け取る情報量が圧倒的に多い。
視覚だけでなく空間そのものを潜在意識に取り込めるので、イメージングの効果がアップする。

イケアに出かける

気軽に出かけられない事情がある人、どうしても営業マンが苦手という人は大きな家具屋に行ってみよう。
イケア(IKEA)なら店内にちょっとしたモデルルームがあるので、住みたい部屋の感じをつかむのに役立つ。

ホテルに泊まる

ホテルに泊まると自分の住まいに関するセルフイメージが高まるのでおすすめだ。
豪華なスイートルームも割引プランなどを探してみると、案外お得に泊まれる場合がある。

ホテルに泊まるときは、その豪華さや快適さを「特別なイベント」として楽しまない
「私はこういう部屋に暮らしている。これくらいの住まいが自分にはちょうどいい」という気持ちで過ごそう。

こうして住まいに関するセルフイメージを高めておくと、高級マンションに住んでいる自分をスムーズに思い描くことができるようになる。

いま住んでいる部屋は別荘だと思う

「もっといい部屋に引っ越したい」と考えている人の中には、いまの住まいに満足していない人も多いはず。
そんなときは、いま住んでいる部屋を別荘だと思ってみよう。

「本当はマンションを持っているんだけど、セカンドハウスとして小さめの部屋を借りてるんだ」
このように考えると、どんな部屋に住んでいてもセルフイメージを高く保つことができる。

そして現在の“別荘暮らし”を心から楽しもう。あなたは“セカンドハウス”を持っているのだ。
今住んでいる場所の良い部分を楽しみ尽くすと、もっと良い住まいが引き寄せられてくる。

“本当に”欲しい家を思い描く

「本当に欲しいと思っていた家が、実は欲しくなかった…」ということも多い。
顕在意識(思考)ではどうしても欲しいと思いながら、潜在意識(無意識)では欲しくないと思っている場合がある。
こうした場合、いくらイメージングをしても叶う確率は低い。潜在意識が実現を阻むからだ。

どうしてこのようなことが起きるのだろう?
それは他人の影響を受けて自分の願望を決めてしまった場合だ。

  • 親や会社の上司に「一軒家を持て」と刷り込まれている。
  • 不動産屋の広告で「マンションを買え」と刷り込まれている。
  • 高級住宅を手に入れて見栄を張りたいという気持ちがある。
  • パートナーや子供の希望に合わせて自分の夢は無視している。
  • 利便性や常識などに縛られて自由な発想ができなくなっている。

このような他人の影響が潜在意識に刷り込まれていると本当の願望を見失う。そして見失っていることに自分では気づけなくなる。

住みたい場所。家の形。内装。置きたい家具。すべて自由に決められるとしたら、あなたはどのような住まいを求めるだろう?
それを思い描いてみよう。
「本当に欲しいもの」に気づくのはとても難しい。
しかし気づいてしまえば、本当に欲しいものを手に入れるのは、本当は欲しくないものを求めるよりもずっと簡単なことなのだ。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-お金のための引き寄せの法則
-, ,