あなたのための引き寄せの法則 - 恋愛成就や出会い、特定の夢を叶える

引き寄せの法則の実践方法。引き寄せるコツ、やり方。

引き寄せ成功者を狙う「フレネミー」に気をつけて

2019/03/16

フレネミーのイメージ

フレネミーと呼ばれる友達のように見えてじつは敵というタイプの人が存在します。
引き寄せの法則で幸せになった人はフレネミーに狙われやすいので注意が必要です。

あなたの幸せを守るためにフレネミーの特徴、対処法を知っておきましょう。


フレネミーとは

フレネミーとは友達のふりをした敵のことで、フレンド(友達)とエネミー(敵)を合わせた造語です。

最初は親しみやすく明るい人だと感じてしまうことが多いのが特徴です。
良い人だと思って友達になってしまったあとで本性を表します

フレネミーは陰湿な方法であなたをじわじわと苦しめます。
陰口や虚言で周囲の人に悪評を広めたり、仲良しのふりをしながら恋愛や夢の実現が失敗するように誘導したりするのです。

フレネミーの特徴 その核心は病的な優越欲求

フレネミーの特徴をチェックしてみましょう。
すべての特徴に共通しているのは、その根底に病的な優越欲求があるということです。

  • 容姿は派手なことが多い。ぱっと見派手でなくても、どこか独特のケバケバしさがある。身に着けるものの色選びにどこか違和感がある。
  • 嫉妬深く、他人の成功や幸せを喜ぶことができない。
  • ポジティブな話題はすべて相手の自慢話だと思い込んでしまう。
  • 他人を褒めることができない。褒めているようで実はすべて嫌味。
  • 他人の優れている部分を認めることができない。常に誰かを見下している。
  • 有名人、職場や学校の人気者と仲がいいことをアピールしたがる。自分を実際以上によく見せたいためで、実際にはレベルが高い人たちには相手にされていない。
  • あなたが失敗したときや何か悪いことがあったときにすり寄ってくる。「他人の不幸は蜜の味」という人種。大親友のふりをして蜜を吸いに飛んでくる。

フレネミーは引き寄せ成功者を狙う

獲物を捕らえるフレネミー
上述の特徴から分かるように、フレネミーの唯一にして最大の目的は人を見下して自分の優越欲求を満たすことです。
自己を向上させる努力は一切せず、他人をおとしめることで自分のほうが優れていると思い込みたいのです。

フレネミーは劣等感の固まりです。その劣等感を刺激する相手を許せません。
幸せな人、満たされている人を見ると敵意を抱くのです。

素敵な恋人ができた人、結婚して幸せになった人、好きなことを仕事にしている人、お金持ちになった人、夢を実現している人がその対象です。
つまり、フレネミーは引き寄せの法則で成功した人を敵とみなすというわけです。

しかし、フレネミーに遠慮してあなたが幸せになるのをやめる必要はもちろんありません。
対処法を憶えておけば不要な敵を避けながら成功できるでしょう。

フレネミーの対処法

適切に対処されたフレネミー

面と向かっての指摘はNG

フレネミーはあなたを貶めるような嘘を広めたり、何かを妨害するために陰謀を企てたりします。
人として間違っていますが、けっして面と向かってその間違いを指摘しないほうがいいでしょう。

フレネミーの核になっているのが「自分が一番でなければならない病」です。
非を指摘されるということは精神的に未熟な人にとっては自己否定されるのと同じことになります。つまり「見下された」と感じてしまうのです。
「自分が一番病」の発作を起こしてしまいます。

事実がありもしない噂を流されるなど、一言いわなければ気が済まないようなことをされることもあるかもしれませんが、そんなときはしばらく静観してみましょう。
周りの人たちも「あの人は何かがおかしい」と気づいているものです。

褒める

フレネミーの核心は優越欲求。自分が一番でなければ気が済まないという病気です。
その優越欲求を褒めて満たしてあげましょう。
褒めることがフレネミーの発作を止める頓服薬になります。

人を褒めることはあなた自身の魂のレベルを高めることにもつながります。
とても褒められたものではないフレネミーを褒めることができるようになれば、内心フレネミーにうんざりしていた周りの人たちはあなたを尊敬するようになるでしょう。

エサを与えない

フレネミーはエサを求めています。
フレネミーのエサは蜜です。他人の不幸という名の蜜です。

フレネミーの敵意を和らげるために不幸自慢や自己卑下などネガティブな話を聞かせてあげると危険です。餌食になります。
フレネミーお気に入りの餌食にならないためには、愚痴や陰口というエサを与えてはいけません。代わりに褒めてあげましょう。どんな話題が出ても彼女を褒める話につなげてあげましょう。

褒めながら逃げる

フレネミーのなけなしの自尊心を傷つけないように褒めちぎりながら、距離をおきます。

フレネミーの目的は友情ではなく、他人を踏み台にして自分の自尊心を満たすことです。
あなたが彼女にとっての「踏み台」にはならないと感じたら、向こうから離れていってくれます。

媚びずに褒めて、褒めながら逃げる。これを鉄則としましょう。

まとめ

  • フレネミーは友達のふりをして近づいてくる敵。
  • 引き寄せの法則で幸せになるとフレネミーに狙われやすい。
  • ターゲットにされたら相手を褒めながら距離をおく。

記事下アドセンス

-人間関係のための引き寄せの法則
-, ,