あなたのための引き寄せの法則 - 実践的潜在意識活用法

引き寄せの法則の実践方法。引き寄せるコツ、やり方。

第六感が教える「漠然とした不安」の正体

2019/03/16

不安を感じる潜在意識

漠然とした不安が起こるとき心の中では何が起きているのでしょうか。
理由が分からない不安は潜在意識からのメッセージです。


漠然とした不安は黄色信号

漠然とした不安を感じるときは「黄色信号」のサインです。
多くの場合は“スピードの出し過ぎ”を警告する第六感のメッセージです。

車を運転しているときスピードを出しすぎれば恐怖を感じます。
同じように人生においてもアクセルを踏み込みすぎているときに不安や焦燥感が起こるのです。

がんばりすぎ、やりすぎ、いきすぎ、飲みすぎ、働きすぎなど、「○○すぎ」というときがスピードオーバーの状態です。
○○すぎになっているのにそれが自覚できていないとき、潜在意識(無意識)から黄色信号が発せられます。その信号を表層意識で感じると漠然とした不安というかたちになるのです。

潜在意識が不安のサインを送り出す「○○すぎ」の状態

潜在意識は何かが行き過ぎているときに不安を感じさせるサインを発します。
理由もなく不安になるときは何かが「○○すぎ」になっている状態です。

もっとも分かりやすい○○すぎは、がんばりすぎです。
がんばりすぎの中でも多いのは仕事のしすぎでしょうか。
自分の仕事ぶりを周囲の人と比較したり、成績や売り上げだけを基準に考えてしまうと、あなたの仕事の許容量を超えていることに気づけなくなります。

仕事のがんばりすぎと似たことで、夢の実現のための行動もやりすぎてしまっているときは漠然とした不安がわいてくるものです。
なぜならそこにはかならず焦りがあるからです。焦るというのはアクセルとブレーキを同時に踏みこんでいる状態です。

思想のかたより、執着、考え方の固着、こだわりなど思考のいきすぎにも要注意。
かたよった思想は妄信になり、妄信はさらに思想をかたよらせます。
そして周りが見えなくなったとき、あなたの第六感は不安のサインを発してバランスをとろうとするのです。
健全な思考は柔軟な心に宿ります。何か一つのことに心が囚われていると漠然とした不安が起きやすくなります。

適度に立ち止まる

あなたが潜在意識の声に耳をかたむけるなら、結局、適度に立ち止まったほうが願望実現が早まります。
宇宙はあなたが無理をすることを望んでいません。

第六感のサイン=漠然とした不安を感じたときは立ち止まりましょう。
ブレーキを踏み、減速しましょう。

焦ると何かをやりすぎます。やりすぎると不安になります。不安になると焦ります。悪循環におちいってしまうのです。
そうならないように漠然とした不安を感じたら徐行運転に切り替える必要があります。

人生は宇宙の法則という信号機で整備された道です。
本当の道路と同じく、信号と信号の間でどれだけアクセルを踏み込んでスピードを出しても、結局、法定速度で走っていた人と目的地までの所要時間は変わらないものなのです。

減速すればヒントに気づけます。
減速すれば事故を防げます。
減速すれば流れに乗れます。
寄り道すれば、思わぬ近道や美しい景色、楽しい出会いがあります。

理由が分からない不安を感じたときは、何かいきすぎている部分がないか自分の心を観察してみましょう。
○○すぎになっている部分を見つけ出したら、ブレーキをかけてひと休み。スーッと不安が消えていくはずです。

関連おすすめ記事

ポジティブでいるための上手な休み方 心のエネルギー充電法

記事下アドセンス

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-, ,