あなたのための引き寄せの法則 - 実践的潜在意識活用法

引き寄せの法則の実践方法。引き寄せるコツ、やり方。

喜びの波動で引き寄せの法則を発動させる 感謝で加速させる

2018/11/24

波動が高まり開運した女性

類は友を呼ぶというのが引き寄せの原則です。
同じ波長のものはお互い引きつけ合います。

あなたが引き寄せるものはあなたが欲するものではなく、あなたに同調するものなのです。
良いことを引き寄せるには、良い波動を放つ必要があります。

良いことがあれば自然と良い波動が出ます。
良い波動が出るとさらに良いことが起こります。
その逆もまたしかり…です。

では良いことが何もないときに良い波動を放つにはどうしたらいいのでしょうか?
何とか波動を高め、悪循環を抜け出して幸運体質になる方法はあるのでしょうか?

小さな喜びから波動を高めるという方法があります。

小さな喜びで大きな喜びを引き寄せる

波動が高まっている二人

小さなことを大げさに喜んでみましょう。
ささいなことに狂喜乱舞するのです。

喜ぶ演技でかまいません。
潜在意識は感情の波動が自然なものなのか演技によるものなのか区別しないからです。

ソファの隙間から忘れていた10円玉が出てきたら、宝くじで3億円当たったくらい喜びましょう。
憧れの男性と一言あいさつができたら、イケメン大富豪と結婚したときくらいの幸せを感じましょう。
学校のテストの点数が5点アップしたら、スタンフォードかハーバードに合格したくらい感動しましょう。
月収が1000円アップしたら、年収1000万円を突破できたくらいの達成感にひたりましょう。

小さなことを大げさに喜ぶと強烈なプラスの波動を宇宙に向けて発信することができます。
あなたの喜びの大きさに合わせて、その波長にふさわしい素晴らしいことが引き寄せられるのです。

もともと運や環境に恵まれている人でなくても、小さな良いことから大きな良いことを引き寄せていくことができます。
あなたは幸運体質になれる素質があります。
小さな「良いことの種」に「花咲かじいさん」の灰をかけるように、あなたの喜びの種を良い波動で育てて開運しましょう。

感謝の気持ちがさらに波動を高める

小さなことを大げさに喜んでいると自然と感謝の気持ちがわいてきます。
感謝の気持ちの高ぶりがさらにあなたの波動を高めてくれます。

引き寄せの法則を加速させるには感謝の気持ちをエネルギーとして使います。

しかし良いことがないときに無理やり感謝するのは疲れます。
どんなことにも恵みがあり、どんな人にも感謝すべき部分はあるものですが、そうと分かっていても素直に他人に感謝する気持ちになれないときがあります。

そんなときはまず自分自身を喜ばせてあげましょう。
自分を喜ばせることができれば、他人への感謝の気持ちもわきやすくなります。
自分に何か嬉しいことがあって気分がいいときは、他人に感謝する気持ちも自然とわいてくるものです。その状態をつくりだしましょう。

自然にわいてきた感謝は、無理やり作った感謝とはちがいエネルギーによどみがありません。引き寄せる力が強い波動です。

「まず自分が幸せになる」ことの大切さ 自愛の効果

最初は空喜びでOK

そら‐よろこび【空喜び/空悦び】

1 なんとなくうれしく思うこと。
2 喜んだかいのないこと。ぬかよろこび。

――デジタル大辞泉より

小さなことを大げさに喜ぶのもいいですが、何もないときに「空喜び」するのも効果的です。
プラスの気を放つことで良いことを引き寄せ、その良いことに喜べばさらに良いものが引き寄せられます。

私たちはどこにでも喜びを見つけることができます。
「なにがそんなに嬉しいの?」と他人に思われても気にする必要はありません。
嬉しいという感情そのものに価値があります。
嬉しいことがあるから喜ぶのではなく、喜ぶから嬉しいことがあるのです。

記事下アドセンス

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-, , , ,