あなたのための引き寄せの法則 - 実践的潜在意識活用法

引き寄せの法則の実践方法。引き寄せるコツ、やり方。

健康のための引き寄せの法則

2018/12/03

健康を引き寄せる女性

引き寄せの法則を健康のために使う方法です。
治った状態をイメージングするコツや病気の不安を克服する潜在意識の調整法を紹介しています。

基本的なやり方は健康になっている状態をイメージするという一言に要約されます。
この記事ではより細かい部分を解説していきます。
すでに本やネットで引き寄せのやり方は知っているという方にも役立つ内容です。

健やかにいい気分で過ごす毎日を引き寄せるためのポイントを見ていきましょう。

現在病気治療中の方や健康上の不安がある方は必ず適切な診療を受けるようにしましょう。通院中の方は主治医の判断を最優先としてください。引き寄せの法則は地に足の着いた現実的な治療と合わせて使ってこそ意味があるものです。

健康を日常化する潜在意識

健康を当たり前の状態にする

健康を引き寄せるコツはイメージングの仕方にあります。それは「健康が当たり前の状態」を思い描くことです。
健康が当たり前の状態とは不調を気にしていない状態です。

病気を克服できた感動をイメージするのはもちろん良い波動を生みます。しかしそれ以上に効果的なのは健康が当たり前になった日常を想像してみることです。
毎日を健やかに、普通に過ごしている生活を思い描くのです。

なぜ健康が当たり前の状態を思い描くといいのでしょうか?

健康な日々を予定する

健康的な日々を当たり前のこととして思い描けるようになると、健康な毎日を予定することができます。
「回復したときの喜び」に意識を集中しているときはまだ半分は病気を意識している状態だと言えます。しかし普通のこととして健康に過ごしている毎日を思い描くと健康だけに意識を向けることができるのです。
「こうなったらいいな…」という漠然とした期待が「こうなるのが当然」という確信に変わります。潜在意識の力が強く働くのは当たり前のこととして確信したことなのです。

健康は日常の延長線上にあります。健やかな日々は奇跡という人生の断片に存在するわけではありません。普通の生活こそもっともリアルな健康の情景なのです。

病気の不安を克服する方法

病気の不安を忘れるのは難しいことです。どんなに気を紛らわしても完全に忘れ去ることは不可能でしょう。
不安や恐怖は思い浮かぶままにしておきましょう。消そうとするとむしろ大きくなってしまいます。

「不安になるのは当然で、自然なことだから大丈夫」自分にそう言い聞かせます。
完全に恐怖が消えることはありませんが、気にならないほど小さくなるはずです。

そして健康が当たり前になった毎日をイメージし、想像の中で当たり前の幸せに感謝します。
現在の状況ではなく、未来の中で感謝するのです。
潜在意識には時制の概念がないので、未来の中で感謝したことを現在に引き寄せるように働きます。

奇跡を日常化する正しい知識

治ったという事実を知る

たいていの病気は「治った」という事例を探すとたくさん出てきます。
実際にあった回復の例を知ることが潜在意識にプラスの影響を与えます。
潜在意識は自分のことと他人のことを区別せず認識するからです。

治ったという人の話をたくさん聞き、読みましょう。
きっとあなたは自分のことのように感動し、喜ぶはずです。なぜなら潜在意識は誰かの奇跡を自分のこととして感じているからです。

奇跡はよくあること

奇跡的な回復はよくあることです。
治ったという話をたくさん知っていると、奇跡とは本当は奇跡ではないのではないかと思えるほどです。

実際そうなのです。
奇跡を経験した人たちはそれが奇跡ではないと心の深い部分で信じていました。
治ると信じていた人と絶望してしまった人では驚くほどの違いがあります。そのため最近では「笑い」を治療の一環として取り入れる病院さえあるのです。
「病は気から」という言葉は現代の医学ではもはや迷信とは言えなくなってきています。

イメージの力を知る

イメージがどれだけ肉体に影響を与えるかを知っておくことも、自然治癒力を目覚めさせるために役立ちます。
ある学者は「傷は本人が忘れたときに消える」と言います。
またスポーツの世界では意識した部位の筋肉が実際に活性化することが知られています。

ポジティブな効果とは反対に、自分は病気だと信じていた健康な人が本当に病気になってしまった例も多くあります。
イメージの力はそれほどに強いのです。

潜在意識は名医のセカンドオピニオン

あなたの潜在意識は名医のセカンドオピニオンのようなものです。
潜在意識から来るひらめきが、よりよい治療法や健康的な習慣を選べるように導いてくれることがあるのです。

健康的なイメージで潜在意識が満たされていると健康になるためのヒントに敏感になるのです。
偶然、近所を散歩しているときに自分の悩みにぴったり合う専門医がいる病院を見つけたりすることがあります。
たまたま食べたくなった食材が不足している栄養を補うものだったり、出会った人が良い健康法を教えてくれたりするようになります。

まだまだあなたが気づいていない健康へと向かう道がたくさんあるはずです。
それに気づかせてくれるのがあなたの中の名医、潜在意識です。

健康引き寄せ法 まとめ

  • 健康が当たり前になった毎日をイメージング。普通の日々を思い描きましょう。
  • 治ったという人たちの話をたくさん聞いたり読んだりして、治るという信念を強化しましょう。
  • 潜在意識のひらめきにしたがってより健康的な習慣を選びましょう。

病気のつらさを和らげる引き寄せの法則

病気克服を引き寄せる女性

引き寄せの法則は「いい気分」で過ごすと発動します。
しかし痛みや不快感を我慢しながらいい気分で過ごすのは難しいことです。

不調のときにいい気分で過ごすコツがあります。
次はつらいときでもポジティブな波動が出せる方法を考えてみましょう。

繰り返しになりますが、現在病気や健康上の問題を抱えている方は必ず適切な受診を。
主治医の判断を最優先として、その上で心を楽にする方法として引き寄せの法則を活かしましょう。

「調子がいい瞬間」を見つける

意識した気分が大きくなっていく

つらいときにもいい気分でいるコツは「調子がいい瞬間」を上手にとらえることです。
わずかでも調子がいい瞬間があればそこに意識を集中し、そのエネルギーを拡大していきます。
意識したものは大きくなっていくという思考の法則があります。その法則を使って心地よい状態、いい気分を大きくしていくのです。

その瞬間が大事

持病や慢性的な不調があると「いつも」「ずっと」気分が悪いと感じるものです。
しかし実際には気分が上を向く瞬間があります。脳には苦痛を忘れさせる機能がそなわっているからです。
どんなに長く続くように感じられる苦しみにも必ず一瞬の安らぎがあります。

その一瞬の安らぎに意識を向けてあげるといい気分でいられる瞬間が増えてきます。

調子がいい瞬間を意識する習慣を持つ

脳には一時的に苦しみを忘れさせる機能があるのと同時に、つらいことだけ記憶しておくという働きもあります。
そのため悩みがあるとき私たちは「いつも」「ずっと」つらいと思ってしまうのです。
実際にはいい気分になれる瞬間がありますが、意識していないと忘れてしまうというわけです。

毎日、一時的にでもいい気分になれた瞬間を数えてみましょう。本当に一瞬でも大丈夫。好調を意識する習慣がつけば次第に調子がいい時間が長くなっていきます。

「よくなっている」と現在進行形アファメーション

気分をよくするアファメーション

言葉による自己暗示、アファメーションも効果があります。
ただし不調なときにいい気分になるためにはちょっとしたコツがいります。
そのコツとは現在進行形のフレーズを使うことです。

「毎日少しずつよくなっている」
「良い方向に向かっている」
「よくなってきている」

このように、今まさに気分がいい状態に向かっている最中だということがイメージできる言葉を潜在意識にかけましょう。

すぐに良くなりたいという焦りに注意

健康上の悩みがあるとき、今すぐに苦痛から解放されたいと思うのは当然です。
しかし「今すぐ」はNGワード。今すぐにスッキリしたいと思うとむしろ現在の不調に意識が向いてしまいます
そのため「良い方向に向かっている」というアファメーションが効果的なのです。現状に関わらず良い状態の未来を引き寄せるからです。

楽観的になることへの不安に対処する

楽観主義は引き寄せを加速させます。しかし楽観的になるのは怖いものです。不安なことがあるときは特に、手放しで未来を信じるというのは恐怖です。
この心理は人間の本能が危険を避けるために必要な機能。楽観的になることへの不安があるのは当然です。

楽観的になることへの不安に対処するには次のようなスローガンが効果的です。

治療は現実的に。生活は楽観的に。

検査や治療は現実的におこないながらも、日常生活では楽観的に過ごすという方針です。

これなら地に足の着いた行動がとれている安心感と、不必要な不安は抱かないという建設的な生活態度が両立できます。
現実的に考えながら楽観的に生活するのです。
この心構えだと不安に駆られることがなくなります。行動も思考も健全になります。自分の人生を積極的に楽しむ心の余裕さえ取り戻すことができるのです。

引き寄せるために「健康な自分」をイメージするコツ

ヨガで健康引き寄せを加速する女性

最後に健康な自分をイメージするコツを見ていきましょう。
「今はとても元気な自分が想像できない…」という方でも大丈夫です。明るい毎日を思い描けるようになります。

健康な自分をイメージするには「運動を楽しむ自分」「食事を楽しむ自分」「明るく人と接する自分」この3つを考えてみます。

運動を楽しむ自分

運動をしている自分を思い描くと健康的なセルフイメージを持つことができます。

心地よい風や日差しを感じながら気持ちよくウォーキングしているあなた。
ジョギングしている自分。肺を動かして酸素をたっぷり取り込むときの感覚。
パートナーや仲間とスポーツを楽しんでいる風景。
山歩きをすれば葉や土の匂いが、海で泳げば塩の味と香りが感じられます。

想像の中で自由に運動を楽しみましょう。

食事を楽しむ自分

ヘルシーな食事

食事を楽しめるのは健康の証。食事を楽しんでいるところイメージすれば健康な自分を思い描くことになります。

行ってみたかったレストランで食事をしているシーン。
お気に入りの食器に料理を盛り付けて、好きな人と食べているところ。
輝くように新鮮な野菜や生命力さえ感じられる鮮魚。

食欲がなくてつらいときはおいしそうな飲み物をイメージしてみましょう。

「食事を楽しむ自分」をイメージすると健康的な自分を潜在意識上に描けます。

明るく人と接している自分

他人と明るく接することができるのはエネルギーが満ちている証拠です。
心身ともに健康でなければ他人と明るく接することはできないと思ってしまいがちですが、実は反対に他人に明るく接することで心身ともに健康になれます

笑顔でコミュニケーションしている自分を想像してみましょう。
明るく他人に接する自分自身をイメージすると「私は健康だ」という信念が強化されます。

明るく他人に接する自分をイメージしていると実際に振る舞いが変わってきます。
誰かから「元気そうだね」と言われるようになるはずです。
そのときは隠している不調を訴える必要はありません。他人の目に写った「健康なあなた」のイメージを受け入れることで、さらに強力に「私は健康だ」という信念を潜在意識に浸透させることができます。

引き寄せで治った人

記事下アドセンス

-健康・美容を引き寄せる
-, ,