あなたのための引き寄せの法則 - 実践的潜在意識活用法

引き寄せの法則の実践方法。引き寄せるコツ、やり方。

うつ病からの脱出を引き寄せる方法

2018/11/12

depression

うつ脱出後の世界を想像力でのぞき込む

思考エネルギーの使い方を覚える

引き寄せの法則は、あなたが想像した状態を現実化するための思考エネルギー実用術。精神的な疾病に悩む人にとっても有効活用することができる技術だ。
ある種の思考訓練とも言えるので、再発防止のためにも身につけたい。
程度にもよるが、必要であれば適切な医師の診断を受け、指示された治療法に従った上で取り入れるかどうか慎重に判断してほしい。

潜在意識に「うつ抜け」状態をインプット

うつ病から脱出した状態を引き寄せるためには、うつ病から脱出しているあなたの生活を想像しよう。
寝ながらでもかまわない。どんなことを想像してもいい。
もしなにを思い描けばいいのか分からなければ、日常的な生活を気持ちよく過ごしている状態を想像してみよう。

朝、気持ちよくベッドから起き上がる。
気分よし、体調もいい。
自然とお腹がすいてきて、ヘルシーな朝食を食感まで楽しみながら味わう。
今日は何をしようかとワクワクしながら出かけ、人と会って会話を楽しむ。
色々なことに興味がわいてきて、それを実行する元気もある。
しかしたまにはくつろぐのもいい。心からリラックスできる。
夕方になっても焦燥感はなく、家族との会話を楽しんでからゆっくりと入浴し、気持ちよく眠りにつく。

笑ったり驚いたり、自分自身の自然な表情を客観的に想像してみよう。

1日1回で大丈夫

うつ状態のときにそんな明るいことばかり考えられるはずがない。心地よさなど想像もつかない。当然だ。それでいい。
1日1回、一瞬でもうつ脱出後の気分を想像できれば大丈夫
1秒でもいい。0.5秒でもいい。その何倍もネガティブなことを考える時間があってもかまわない
0.1秒でもうつ脱出後の世界をのぞき込むことができれば、あなたの内部の宇宙でプラスの力が何倍にも拡張されてはたらきだすからだ。

無理にポジティブにならなくても大丈夫

無理にポジティブシンキングするのはうつ病者にとって危険なこと。心のエネルギーを消耗するからだ。
うつ病を癒すために引き寄せの法則を使うなら、ネガティブな思考の大部分はそのままでかまわない
1日1回、一瞬だけでもうつ脱出後の生活を想像できればそれでいいのだ。

スポンサーリンク

うつは治るものだと知る

治らないと思えても大丈夫

うつは治るもの。うつ状態のときにはそれを忘れているだけだ。
そのことを事実として知っているだけでいい。その知識がうつ脱出後の状態を明確にイメージしようとするときに役立つ。
うつは治らないと思っていてもいい。客観的な事実として治るものだということを知ってさえいれば、潜在意識ではそれを確信できる。

うつのメリットに気づく

うつには良い面があることも知っておこう。
精神的な不調はあなたの心が壊れる前に作動した安全装置のようなもの。うつはあなたの心を守り、休ませ、癒すための機能だと考えればいい。
肉体の病気では、治癒する直前にぶり返す『好転反応』というものがある。治療中に好転反応が出てきたら、治るサインとして喜びさえする。
心の病にもやはり好転反応というものがあるのではないか。“夜明け前が一番暗い”ということわざもある。

だから焦らなくてもいい

うつは心の健康のために必要な機能で、いつかは消えていくもの。治そうと焦らなくても大丈夫。
もちろん適切な治療を受けることは必要だし、再発防止のために思考の癖を改善するのはいいことだ。

1日1回、今日は2回、明日は…と良いことを考える瞬間が増えていけば、いつのまにか1日の大半を良いことを考えて過ごせるようになる。良いことだけ考えようとしなくても、たった一瞬だけ思考のエネルギーをプラスの方向に向ける練習をしてみよう。

目の前のことだけに集中して1つずつやる

「現在」に集中する

現在(いま、ここ)にフォーカスできた瞬間、うつ状態から脱出できる
うつ状態とは過去や未来に意識が集中した結果、現在のエネルギーをうばわれている状態だからだ。
目の前のものに焦点が合えば、そこから一歩踏み出すことができる。ひと足ふみ出してしまえば、エスカレーターのようにあとは自動的に上がっていく。

小さな一歩に意味はある

1日1回だけうつ脱出後の心地よい世界を想像する。そして、1日1つだけ何かやってみる。どんなに小さなことでもかまわない。無意味だと思っても手をつけられれば成功だ。その小さな無意味な行動は、単なる儀式だと思えばいい。引き寄せの法則によって創造した「うつ病から回復後のあなた」を現在に呼び出すための手続きだ。

心が晴れる日は来る

うつ病を脱出した状態を明確にイメージできるようになれば、小さな意味のない行動でさえうつ病克服後のイメージにつながっていることをあなたの本能が感じ取る。
拡散していたあなたの精神エネルギーが、思考力によって未来を創造されたことで収束し、方向づけられ宇宙に放たれる。
想像力によってうつ病克服を確信しているあなたには焦りがない。焦りがないから「現在」に意識を集中できる。現在に意識を集中すると、思い描いた未来に向けての道が見える。一歩だけふみ出す。あとは自然とそこに向かっていく。

関連おすすめ記事

ポジティブでいるための上手な休み方 ―心のエネルギー充電法

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-健康・美容を引き寄せる
-, ,