あなたのための引き寄せの法則 - 実践的潜在意識活用法

引き寄せの法則の実践方法。引き寄せるコツ、やり方。

夫婦仲を改善するための引き寄せの法則

2018/12/02

引き寄せで夫婦仲が改善した男女

夫婦仲をよくする引き寄せの法則のやり方をご紹介します。
夫婦円満を引き寄せるコツは「2つのバランス」を意識してイメージングをすることです。
身近な人との関係を改善するための引き寄せが失敗しがちな理由も考えていきましょう。

夫婦円満を引き寄せる「2つのバランス」

夫婦仲を改善する引き寄せの法則のやり方の基本は、

・上手くいっている夫婦関係をイメージして、
・すでにそれが実現したかのような気分になる

ことです。

どのようなイメージを思い浮かべるかが引き寄せの成否を分けます。
本当に上手くいっている夫婦の特徴を知るとイメージしやすくなります。
上手くいっている夫婦は次にあげる「2つのバランス」が取れています。

1. 日常と非日常のバランス

上手くいっている夫婦は日常生活と非日常的なロマンスのバランスが取れています。
平凡な日々と特別なイベントをバランスよくミックスして二人の関係を作り上げています。
理想の夫婦を思い描くときは普段の暮らしと特別な一日、2つのパートに分けて考えるとうまくいきます。

家族としての夫婦と恋人としての男女、両方を想像するようにするのです。
どちらが欠けても円満な夫婦にはなれません。どちらかに傾くと夫婦としてのバランスが崩れて上手くいかなくなります。

夫婦関係をよくするためにイメージングをする場合、想像する内容がかたよりがちです。
想像する内容がかたよるとリアリティが薄れるので引き寄せ力が下がってしまうのです。

生活感のあるイメージとロマンティックなイメージを上手にミックスしてみましょう。

さらに、もうひとつ意識したい二人のバランスがあります。

2. 「妻の時間」と「夫の時間」のバランス

夫婦の愛情を再燃させるイメージング。もうひとつの意識したいことは二人の時間のバランスです。

上手くいっている夫婦は二人の時間と一人の時間が両方とも充実しています。
それぞれ自分の時間、自分の世界があり、その上で二人で過ごす時間を大切にしています。
一人で楽しむ時間、二人で楽しむ時間、この両方をイメージングできると本当に上手くいっている夫婦と同じ波動を出すことができます

引き寄せで復活愛を叶えようとする場合、二人でいる時間ばかりイメージしがちです。しかし上手くいっている二人をリアルに思い描くなら、それぞれ一人で過ごす時間も充実している生活の感覚をつかむ必要があります。

離れすぎても近づきすぎても男女の仲はうまくいきません。家族が相手でも適度な距離感は必要です。
適切な距離感をたもっている生活のイメージを潜在意識は上手くいっている夫婦のイメージだと認識してくれます。

夫婦円満を引き寄せるときネックになる思考

引き寄せの法則で夫婦仲を改善しようとするとき注意したい思考パターンがあります。
それは「相手に変わってほしい」という思うことです。
相手を変えたいと思うと「相手に変わってほしいと思っている自分(問題が改善していない状態)」を引き寄せてしまいます

相手を変えようとする意識を手放すとそれだけで許しと感謝の波動が生まれます。その微弱なエネルギーが相手を少しずつ変えていきます。

夫婦円満を引き寄せるときネックになる感情

注意したい感情もあります。被害者意識によって生じる感情です。

「私はこんなに~してるのに…」
「夫のせいで~…」
「なんで私だけ…」
「夫がいなければ、今ごろ私は…」

夫のためにろくに感謝もされずに続けている苦労。
家族のために犠牲にしてきたあなた自身。
知らず知らずのうちに心に根をはっているのが被害者意識です。
あなたの怒りや不満には正当な理由があるのだと思いますが、そうした感情はあなた自身を傷つけてしまいます。

被害者意識は引き寄せの発動をストップしてしまうのです。
被害者意識は物事の原因を自分の外側に求める思考だからです。
引き寄せの法則は自分の内面から生じるエネルギーで世界を変えていく方法。一方、被害者意識は他人のエネルギーに依存する考え方です。
自己の内面的エネルギーに集中することで引き寄せは加速します。

本当に上手くいっている夫婦になる引き寄せの法則 まとめ

  • 平凡な日々と特別な一日の両方をイメージング。
  • 一人の時間と二人の時間、両方が充実している日常をイメージング。
  • 相手を変えたいという気持ちを手放して波動を高める。
  • 被害者意識を手放して引き寄せを加速。

記事下アドセンス

-恋愛・結婚のための引き寄せの法則
-, ,