引き寄せでお金持ちになるために「思考の準備」をしておく

2017/05/19

whealthy

お金持ちになるための引き寄せをアシストする「思考の準備」

 お金持ちになるための引き寄せの基本は、お金持ちになっている状態をイメージし、イメージの中で豊かさを存分に味わうことだ。
 想像の中で豊かさを繰り返し体験することで、自分がお金持ちになっている状態を確信していく。
 「お金持ちの私」を脳の深い部分に定着させる。潜在意識に刻まれた「私」のイメージを現実に再現するために、ひらめき、知恵、行動、そして出来事が引き寄せられてくる。

 お金持ちになるために脳力を使うコツは、現在の状態にかかわらず、本来のあなたはお金持ちなのだと信じることだ。
 一時的に豊かとは言えない状態だったとしても、だ。
 自分が本来お金持ちだと心から確信できれば、現実があなたの想像に合わせてくれるようになってくる。
 「お金持ちになったからリッチな気分になる」のではない。富める思考を持つ人が、お金持ちになっていくのだ。

 お金持ちの思考とはどんなものだろうか。
 お金を得たあとで、人は何を求めるのだろう?
 あなたが本当にお金持ちになる道を選ぶとしたら、お金持ちがかならず渇望することになるものについて知っておくことは有用だ。
 「富者の渇望」を理解することが、お金持ちになるための「思考の準備」になる。
 準備ができている人のもとに富はやってくる。

スポンサーリンク

お金持ちになったあとのために考えておくべき4つのこと

 

自己実現のための計画

 お金に困らなくなったとき、「自己実現」が渇望になる。
 何か自分の能力や魅力を活かして、社会の中でより自分らしくあるために何かせずにはいられなくなる。
 売れっ子アーティストやビジネス界の億万長者たちがその証拠だ。
 一生遊んで暮らせるだけのお金があるのになぜ仕事をやめないのか? 自己実現することがどうしても必要になるからだ。
 それは野心的な特別な人たちだけの話ではない。どんな人間の中にもある本能的な欲求だ。お金に困らなくなるとこの欲求が表出してくる。
 あなたもお金持ちになったあかつきには何かせずにはいられなくなるのだ。
 今から自己実現のための計画を立てることで、この渇望に備えよう。

 『夢を見つけるための引き寄せ』や『天職を見つけるための引き寄せ』が活用できるはずだ。

マネーリテラシー

 お金の扱い方を知らない人間のところに、富は寄ってこない。一時的に近づいてきても、すぐに離れていってしまう。
 お金の上手な扱い方を知らない人というのは、女性の扱い方を知らない男性のようなものだ。
 「お金のIQ」を高めておこう。
 具体的には貨幣経済の仕組み、もっと具体的に言えば経営や投資など不労所得に関する知識、賃金労働の感覚から脱した思考を身につけることだ。

社会貢献

 お金もあるし、時間もある。自己実現もできた――次にわいてくる欲求はなんだろう? 社会貢献への欲求だ。
 自分が十分に満たされた人間は、最後には社会のために何かしたくてたまらなくなる。
 大衆はお金持ちは悪者だと思いがちだが、そんなことはない。
 派手に稼いできた人たちも、最後には社会のために何かしたいということが渇望になる。
 あなたが「ここをこうしたら社会はもっとよくなる」と思うことは何だろうか。また、特にあなたが助けたいと思う人たちはどういった人たちだろうか。そのためにできることは何があるだろう?
 あなたがお金に困らなくなったとき寄付をする活動や団体を決めておこう。

パートナー、家族への愛情

 「お金さえあれば家族を幸せにしてあげられるのに」――そう思っているなら、お金が手に入っても家族と幸せになることは難しいかもしれない。むしろ、お金が入ってくることによって壊れる関係もある。
 もし、お金がなくてもパートナーや家族を幸せにする方法を常に考えているなら、お金が入ったときにはもっと幸せにしてあげることができるだろう。
 大事なのは、「お金があったら」「お金がないから」という基準で考えないことだ。
 たしかにお金は幸せな結婚の1つの、大きな要因だ。それは事実だ。だがそれを基準にしてはいけない。思考の問題だ。
 常にそのときどきの状態に応じて最大限の愛情とは何かを考えていけば、愛とお金を比例させられる。
 日頃からどんなことにも感謝する習慣を身につけておこう。

もっといいのはお金持ちの行動を真似すること

 上述の4つの「思考の準備」は、すべてまだお金がないうちから始められることだ。
 考え方を変えるだけでも富に向かう力は養われていくが、お金持ちのように考え、そしてお金持ちのように行動してみることはもっといい。
 「お金ができたら……」と後回しにするのではなく、「お金に困らなくなったらすること」をできる範囲で今から始めてみよう。
 お金持ちのように行動していれば、お金持ちの心得が分かってくる。

 自己実現のための活動は、打ち込んでいれば必要なお金はあとからついてくるようになるものだ。
 マネーリテラシーを高めるためのお金の勉強は、もちろんお金がなくても始められる。お金について「知る」だけで富を引き寄せる力が強くなる。
 社会貢献もやはり、巡りめぐって金運を高めてくれる行動だ。
 パートナーへの愛情は幸せなお金持ちの条件だ。「愛情の後回し」はどんなローンよりも大きなツケになる。あるときにある分だけ、こまめに支払いを済ませておこう。

 行動のためにも、まずいちばんに大切なのはイメージングから始めることだ。
 思い描くものが変われば思考が変わり、思考が変われば行動が変わる。行動が変われば、現実が変わっていく。
 お金持ちになるためのイメージング、思考の準備、そしてお金持ちのような行動――この3つを繰り返すことで、引き寄せの力を高めていこう。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-お金のための引き寄せの法則
-, ,