すごくつらい「引き寄せ体質」のなり方

tough

この記事には、至極当然のことしか書いていない。
この記事には、つらいことしか書いていない。

この記事には、あなたが望むものを引き寄せる絶対確実な方法が書かれている。
この記事には、誰にでもできるわけではない引き寄せの法則について書かれている。

スポンサーリンク

自分が変われば引き寄せるものが変わる

類は友を呼ぶ。
それは、引き寄せの法則の大原則。
ならば、自分のレベルを変えれば引き寄せられるものが変わる。

金も仕事も、人気関係も恋人も結婚も。
自分が変われば周りが変わる。

言うは易く行うは難し。
本当に引き寄せ体質になるために自分を変える。それはすごくつらい。

自分のレベルの低さを認める

望むものを引き寄せるために自分を変える。
それは、磁石の向きを変えること。
磁石のS極とN極を、180度回転させること。

明らかにいまの自分に合っていないような悪いものが引き寄せられていると感じるときがある。
低次元の人間関係、労力に見合わない収入、能力にそわない評価。
たしかに、いまのあなたは、その低いものたちよりは上なのだろう。
自分のレベルが上がれば、望まずに引き寄せられている自分より低いものたちのレベルも底上げされる。
底上げされる。
幸運になる秘訣は底上げだ。

すべては自分が引き寄せたもの―未来を選ぶ力を手に入れる方法

天の救いは誰のためのものか?
救いの手は誰に差し伸べられるのか?
謙虚であること。成長していること。この2つを持っている人。

そして謙虚さを失った人間は成長が止まる。
自分が成長すべき存在であることが分からなくなるからだ。

一時的に自分の劣等性を認める。
一部でも自分の不足に気づく。
それはすごくつらい。

つらすぎるので、たいていの人は己の脳に欺かれる。
脳はその人が精神崩壊しないように守る。
意地をはる。見栄をはる。誰かを否定する。誰かを攻撃して、自分自身から目をそらす。

その成長を止める最悪のシステムを壊す方法は、それを認知すること。自分自身で、気づくしかない。

自覚を得るための簡単な方法。
だめな人間を観察してみればいい。
意地をはり、見栄をはり、認めず、常にだれかを否定している。
そんな人を見て何かを感じられれば、あなたは成長する。

自分を変える

自分に気付いたら、半分変わったようなもの。
気づいたら次は、レベルを上げる。
レベルを上げるためには、上げる方法を学ぶ。
上げ方を知れば知るほど、上がる。

「知識なんて詰め込んでも何も変わらない」

そういう人たちは何年前から、そういう人たちだっただろう?

「本なんて読んでも無駄」

そう言う人の年収は? 成功者の話だけ聞こう。

成功している人と出会い引き寄せのパワーを分けてもらう

彼らをそのままにしておけ。彼らは盲人を手引きする盲人である。もし盲人が盲人を手引きするなら、ふたりとも穴に落ち込むであろう。 ――マタイによる福音書 15:4

知れば行動できる。行動できないのは、知らないからだ。
「分かってはいるが、できない」それはまだ本当に分かっていない状態だ――2000年以上前にアリストテレスがそう言った。

行動するのはつらい。
だから、"考えるだけで"“思うだけで”という甘い言葉でコーティングした引き寄せの法則の亜種がはびこる。それらのルーツをたどれば、かならず行動の重要性を説いているのに。

どうしたら行動できるようになるのか?
行動することの大切さを知ること。
行動しないことの深刻さを理解すること。
行動の大切さを知るには、行動したあと手に入るものをイメージすること。
行動の大切さを知るには、実際に行動した人の話を聞くこと。賢く行動した人の話だけ。そういう人が周りにいなければ本に学ぶ。

自分の未来を信じているかどうかで行動が変わる 信じる力のメカニズム

あなたは100万人に1人

この記事をここまで読むのは100人中1人。
本当のことは耳に痛い。
脳が心を守るために、意地と、見栄と、否定を吹き込む。

この記事で言っていることが分かるのが1000人に1人。
「本当にそうだろうか」と疑い、否定する人たちだ。
そして彼らは馴染み深い敗者の世界に帰っていく。

本当の意味で理解できるのが1万人に1人。
すでに変わり始めている人。
あるいは、これから変わりたいと強烈に思っている人だ。

行動できるのが10万人に1人。
あなたはすでに変わりはじめている。

継続できるのが100万人に1人。
この人こそ、お金も人間関係も、結婚相手も、あらゆる願望を思うままに現実化できる引き寄せ体質となった人。
他人から「幸運な人、恵まれている人」と言われる人だ。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

いつもありがとう。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ【にほんブログ村 投票ボタン】

スポンサーリンク

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-,