引き寄せの最終手段 どうせ実現しないと思ってやってみる

2017/05/19

throwdice

ずっと引き寄せがうまくいかない人のための最終手段

引き寄せの法則を成功させるための最終手段は、「どうせ実現しない」と思って何かやってみること。

あなたにも経験がないだろうか?
「どうせそうなるはずはない」と思ってやったら、そうなってしまった経験が。

・投げやりにやったらうまくいった
・宝くじは買ったことを忘れている人に当たる
・受からないと思っていたオーディションに受かって芸能界入りした人の話
・友達のつもりだったのに恋人になってしまった
・本番ではできないことが、なぜか練習ではいつもうまくいく
・だめもとでやってみたらなんとかなった
・だれも見ていないと思ってやったことが、重要な人物の目に止まった
・いつもどおり、どうせ変わらないだろうと思っていたことが、なぜかそう思ったときだけ変わってしまった

こういった「期待しないでやったら上手くいった」という法則を利用しよう。

これは、いままで引き寄せの法則をまじめに実践してきた人にしかおすすめできない方法だ。
ずっと引き寄せを実践しながらがんばってきたけれど、いつまでたっても成功しない……そういう人のための最終手段だ。

スポンサーリンク

なぜ「どうせ実現しない」というネガティブさで引き寄せが成功するのか?

ずっと引き寄せを失敗し続けていると、「このやり方じゃ叶わないのでは?」という疑いが胸の奥にこびりついてくる。

そうなってくると、引き寄せに失敗するたびに「ほら、やっぱりね」と内心思ってしまい、疑いのスパイラルに入り込んでしまう。

どれだけ良いことをイメージしても、ポジティブな言葉でアファメーションしても、行動しても、心のどこかでは疑いがカビのように増殖している。

「どうせ叶わないと思ってやってみる」ことで、この「疑い」をリセットできる。
そもそも叶わないと思ってしまうことで、「叶えたいけど、叶わないのでは?」と疑う心理のはたらきを止めてしまう。

信じようとすることをやめてしまうことで、引き寄せの最大の障害である「疑い」をリフレッシュすることができる。

大きな願望の場合、実現すると思うと怖くなる。
なぜかといえば、願望の実現とは人生の変化だから。
どんなに喜びを思い描いても、心の底では恐れている。
その恐れが、引き寄せのブレーキになってしまっている。

この場合も、「どうせ実現しない」と思うことで、人生が変わってしまうということへの潜在的な恐れを消すことができる。

安心した心は、リラックスして大願成就を引き寄せる。

潜在意識はリラックスしないとはたらかない。
引き寄せるためには潜在意識のみちびきが欠かせないのに。

叶えよう、叶えようと煮詰まってくれば、潜在意識のはたらきを鈍らせる。

「どうせ叶わない」くらいに思って肩の力を抜くと、潜在意識のはたらきを活発にする。

潜在意識の動きがスムーズになれば、念じなくとも引き寄せられる。

引き寄せで「最後の一歩」を天にゆだねることの大切さ

「どうせ実現しない」と思ってリラックスするやり方は、もちろんいままで引き寄せるためにがんばってきた人だけに効果がある。
いままでイメージングをしたり、良い部分だけを見る努力をしたり、実際に行動してきた人にだけ意味がある。

もちろん最初からネガティブな人間は、ネガティブなものを引き寄せるだけだ。
積み重ねてきたのに叶わない、そういう人のための荒療治だ。

いままで引き寄せをやってきて、最後に「どうせ実現しない」と思って力を抜く。
これが、「人事を尽くして天命を待つ」態度につながる。

引き寄せを成功させるためには、この態度がとても重要だ。

イメージする。確信する。やることをやる。

だけど、その願望がどうやって実現するのか、どこからそれがやってくるのかは宇宙にまかせる。

引き寄せの法則を学んできた人なら、そんな説明を見たことがあるはずだ。

これはつまり、最後の部分で、いかにして執着を手放すかが引き寄せを発動させるうえで大切だというわけだ。

いままでがんばってきたあなたは、どうせ叶わないと思ってやってみよう。
そう考えたら、少し楽になるのではないだろうか?

そして、実現しないと思いながらも、逆になんだか叶ってしまいそうな気がしてくるのではないだろうか?

だとしたら、あなたの引き寄せはうまくいっている。
もうすぐだ。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

いつもありがとう。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ【にほんブログ村 投票ボタン】

スポンサーリンク

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-, ,