消そうとしても浮かんでくる悪い考えは「延期」すれば上手く扱える

2017/05/19

thinkhabit

悪いことを考えるとそれが引き寄せられると言われても……

 「悪いことを考えれば悪いことが起こる」と昔からいう。
 引き寄せの法則においても、思考がそのまま現実になるので悪いことを考えるのはやめましょうと勧める伝道者が多い。
 
 実際、ネガティブな思考や言葉には負のパワーがある。
 それはなぜかというと、人間は“意識している方向に向かう”性質があるからだ。
 人間は、自分が見ている物の方に向かって歩く性質がある。
 思考が「精神の目」だとしたら、その目によって悪いものを見ていれば、その方向に進んでいくようになってしまう。

 だが「悪いことを考えるのをやめよう」と言われても、どうすればいいのか。
 あなたもわざわざ好きこのんで悪いことばかり考えているわけではないだろう。
 何を思考するのかも自分の選択次第だ……そういう伝道者もいる。
 たしかにその通りの部分もある。しかし思考というものは生きているかぎり自動的に浮かんでくるものだ。
 悪い考えが浮かぶ。悪いことを考えてしまう……そういう人のために、効果的に悪い考えを消す方法を伝授しよう。

スポンサーリンク

「悪いことを考える日」を作る

 まず、「悪いことを考える日」を決める。
 その日以外は悪い考えが浮かんできても「このことは『悪いことを考える日』に考えよう」と延期する。

 「悪いことを考える日」は1週間に1度でもいいし、3日に1度でもいい。
 1日のうちで「悪いことを考える時間」を取ってもいいし、月に1回にするなど、あなたの精神状態によって柔軟に決めればいい。

 やってみると分かることだが、「悪い考えを消そう」とするよりも「このことを考えるのはあとにしよう」とすることははるかに簡単だ。
 「悪い考え」は“ハウス”には逆らうが、“おあずけ”には素直に従う性質がある。

とにかく「延期」することが大事

 悪いイメージや思考が浮かんでくるたびに、それを「止めよう」とするのではなく「延期」することがポイントだ。
 もう付き合いたくない相手から誘いのメールが来たときに「また今度」と言って断るのと同じだ。
 参加したくない職場の飲み会の断り方とも同じだ。「私は行きたくありません!」というのは難しいが、「またの機会に……」ならなんとかその場をしのげる。

 どうせ悪い考えはまた浮かんでくる。それはあなた自身が体験によって知っているはずだ。
 自然と思考が浮かんでくるのは人間の脳の正常な機能だ。だから、そもそも勝手に浮かんでくる考えを意図して止めようということのほうが異常な考え方なのだ。

 だからこそ考えることを「延期」するのは有効だ。
 浮かんできた悪い考えに対して「また今度で」と延期していれば、浮かんでくる回数は減らなくても、その考えに付き合っている時間は大幅に減らせる。
 誘いを断り続ければ、「お誘いメール」が来なくなってくる。
 「いつか、そのうちに……」と断り続けていた飲み会の誘いも、ついにはお声がかからなくなる。
 同じように、自分自身の思考に対して「延期」を繰り返していると、悪い考えが浮かんでくる瞬間が減っていく。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-, ,