運気を上昇させ成功を引き寄せる「2ミリ、半音、3度」の法則

2017/02/14

subtlechangea

引き寄せの法則では基本的に「運は存在しない」という考え方をする。すべては自分の思考が引き寄せた結果だと考える。

しかし、「いつも運がいい人」は存在する。引き寄せに成功し続けている人だ。
そしてあなたも、「いつも運がいい人」になることができる。

その方法は、「2ミリ、半音、3度」というわずかな変化を起こすこと。

スポンサーリンク

強烈なプラスの波動を生み出す「わずか2ミリ」のパワー

口角を2ミリだけ上げる。それだけで運気が上がる。
感覚としては、口もとを軽く引き締める程度。無理に表情を作る必要はない。

たったこれだけでプラスの波動を生み出すことができる。
「類は友を呼ぶ」法則にしたがって、あなたが生み出したプラスの波動に似合った幸運が引き寄せられてくる。
気がつけば、2ミリ上げた口角が自然と5ミリは上がってしまうはずだ。

ほんの少し口角に意識を向ける。軽く引き締める。
すると、あなたの脳は「私はツイている。良いことがたくさん起きている」と思い込む。そして、そのポジティブな思い込みに現実のほうを合わせてくれる。

よく「笑顔でいましょう! そうすれば運がよくなります!」などというものだが、作り笑顔は疲れる。
無理に表情を作ることにうんざりしてしまえば、マイナスの波動を放つことになる。そして、「作り笑顔が求められるような状況」を引き寄せることになる。

だから、幸運を引き寄せるためには2ミリだけ口角を上げるのがもっとも効果的。

人間関係の悩みを吹き飛ばす「半音上げ」の周波数

話し声のキーを半音だけ上げてみよう。
カラオケのキーでいうと+1だ。
それだけであなたの周りのネガティブな人間関係を振り払い、望ましい出会いだけを引き寄せる高い波長を発生させられる。

音とは空気の振動。高い音は早い振動。半音上げたあなたの声は、幸運の周波数を帯びる。

抑うつ状態の人、落ち込んでいる人は低い声で話す。
楽んでいる人、嬉しいことがあった人は高い声で話す。
そして、類は友を呼ぶ。
ならば、少し高い声を出せば楽しいこと、嬉しいことが引き寄せられるのは宇宙の法則だ。

わずか半音、話し声のキーを上げるように意識する。
それだけで、声の高さだけでなく、言葉の抑揚までポジティブなイントネーションになってくる。
音感の優れた人は薄々感じているかもしれないが、話し声の抑揚、イントネーションには「ネガティブな音程」と「ポジティブな音程」がある。
音は波長を持つ。思考にも波長がある。この世界は振動する素粒子で構成されている。
つまり、“そういうこと”なのだ。

この声によるポジティブな波長の法則を使いこなすには、わずか半音、話し声のキーを上げるだけで十分だ。

開運法の本などでよく言うように「開運のためには明るく元気に喋りましょう!」と言われれば鬱陶しいが、半音程度なら少し意識するだけで自然に実践できるだろう。

「3度」上げるだけでどん底の人生から這い上がり成功に向かうことさえできる

「3度」上げるのは、背中の角度。
たった3度だけせすじを伸ばして上を向く。それだけで、どんなどん底の人生からも這い上がり、成功をつかむためのパワーを生み出すことが可能だ。

いまあなたが移動中なら、電車やバスから降りたらさっそく実践してみよう。
ただし、歩きスマホはやめておこう。
ベッドの上で寝スマホ中なら、起きたときから始めてみよう。

成功者に猫背の人はいない。
ならば、せすじを伸ばせば成功できるということ。
仕事での成功も、理想の恋人も、まっすぐ伸びた背中が引き寄せるもの。

なぜ伸びた背中が、富も理想の結婚相手さえも引き寄せるのか?
それは、せすじを伸ばすという行為が、あなたの自己価値観を高めるからだ。

関連記事:なぜ「憎まれっ子世にはばかる」のか知ると引き寄せの成功率が上がる

引き寄せの法則において、自己価値観は思考によって創造したものを“受け取る”ための能力。

背中を3度だけ持ち上げる。すると、『引き寄せの受け取り力』を強化することができる。
この『引き寄せの受け取り力』は、「お金」「恋人」を引き寄せたいと思っている人にはとくに重要なもの

なぜたった3度でいいのかというと、自分の姿勢に意識を向けるだけで十分だから。
口角、声、姿勢に意識を向けるだけで、運気を上昇させ、仕事や恋愛など人生のあらゆる面で成功を引き寄せられるようになるのだ。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

いつもありがとう。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ【にほんブログ村 投票ボタン】

スポンサーリンク

-お金のための引き寄せの法則, 人間関係のための引き寄せの法則, 仕事・勉強のための引き寄せの法則, 恋愛・結婚のための引き寄せの法則
-, ,