あなたのための引き寄せの法則

『引き寄せ』実践の手引書。引き寄せるための応用哲学。

神さまの試練をストップする方法

stopthetriala

引き寄せの法則やスピリチュアルな世界について学んでいると、「試練の意味」を考えることがあるもの。

「神はその人が越えられる試練しか与えない」
「すべてはあなたの成長のために用意された課題」
「どんなつらい出来事も未来につながっている」

それは本当のことかもしれない。

…しかし、「もう限界だ!」「これ以上不運が続くのは耐えられない」と思うときもあるはず。

なぜ人生の試練は「一難去ってまた一難」と言うように続いてしまうのか?

それは、天からの試練が実は“定期便コース”になっているから。
配送をストップしたいときには手続きがいるのだ。

多すぎる天からの試練をストップする方法とは?
あなたのなにがそんなにも試練を引き寄せてしまうのか?

スポンサーリンク

試練を引き寄せているのはあなたの○○

「成長したい」という気持ちが試練を引き寄せる

あなたの成長を望む心が試練を引き寄せている。

みずから望んで成長のための課題を求めているときは喜びや楽しさがあるもの。

つらくなるのは、あなたが自覚していない無意識の向上心が次々と試練を引き寄せているとき。

意識では「ちょっとつらいな…」と思っているときも、潜在意識が無意識のうちに試練を求め続けてしまうのでつらくなってくる。

アクシデントやトラブルが続く原因

試練…とくにアクシデントや予期せぬトラブルが続くときは、潜在意識の「前に進みたい」という気持ちが問題を引き寄せていることがある。

「もっと積極的に活動したい」
「つまらない生活はしたくない」
「色んな刺激的な経験をしたい」

変わりばえしない暮らしが嫌で、変化したい。前に進みたい。

こういった気持ちが意識にのぼれば健全な好奇心になるし、潜在意識に沈んだままだと危険を引き寄せる原因になる。

試練が多い人は向上心と好奇心が旺盛

人生の試練が多い人は強い向上心と好奇心を持っている。

そして向上心と好奇心が旺盛な人というのは、生まれながらに成長を求める魂の性質をもっているもの。

では、試練が多い人生は生まれながらに決まってしまっているのだろうか?
どんなにつらくても耐え忍ぶしかないのだろうか?

そんなことはない。
あなたが楽しみながら課題をクリアして、幸せを感じながら成長できるように、“試練の定期便”をときどきストップすればいい。

天からの試練をストップする3つの方法

1.自分を許す

多すぎる人生の試練をストップするには、まず第一に「自分を許す」こと。

ときには、できない自分、いたらない自分を認めてあげよう。

もしあなたがなにか夢を追っていて、「○○になる」というアファメーションをおこなっているなら、「今、○○に向かっている」という宣言文に変えてみよう。

現在進行形のアファメーションなら、現在そうなっていなくても自分を許してあげられる。

やらなくてもいいのにやっていることをやめる

やらなくてもいいのにやっていることがあると、神さまはさらにやらなくてもいいはずの課題を与えてくださる。
まるで部下に暇させたくない上司のようだ。勇気を出して断ろう。

☆いらない人間関係を捨てる。気が進まない付き合いをやめる

試練の大部分は人間関係が運んでくるもの。愛のため試練ならまだしも、不要な人間関係のトラブルはできればご容赦ねがいたいもの。

勇気を出して気の進まない付き合いをやめよう。

☆効率が下がるほど過度な仕事や勉強

仕事や勉強をやりすぎているときは要注意。
何事もやりすぎないときのほうがより多く、より良いことができるものだ。

仕事で無理をしているときというのは、あとから振り返ってみれば無駄なことに労力と時間をかけているもの。

☆夢への過度の希求

引き寄せの法則を使って夢を叶えようとしているとき、“思いすぎる”ことで心に重労働を科してしまうことがあるもの。

夢が大きければ大きいほど多くの試練を無意識のうちに選んでしまうようになる。

でも、大きな夢も小さくこなしていけば実現していける
過剰な試練を乗り越えなくても大きな夢を叶えられるのだ。
夢の実現は、苦しみの対価ではないのだから。

3.これまでの自分の成果を認める

今まであなたがやってきたことを振り返って、「ここは良かった」「あのときは立派だった」というふうに自分で誰も知らないあなたの努力を評価してあげよう。

誰も認めてくれないことでも、あなたは自分を認めてあげられる。

今までの成果を自分で認めることができるようになると、潜在意識の試練を求める過剰なシグナルをストップすることができる。

もっと自分を上手に許す方法

stopthetrialb

我慢しなくてもいいのに我慢していたことをやってみる

好きなだけ眠る、好きなもの食べるなど、我慢していたことをやってみよう。
行きたいところに行くのもいい。

それをやったからといってそれほど問題があるわけではないのに、なぜか我慢してしまっていることがあるはず。

子供の遊びを大目に見るような気持ちで、あなた自身に好きなことをさせてあげよう。

他人の自由を許す

他人の自由を許すと自分も自由になれる。

それぞれがそれぞれの考えを持っていていい。
それぞれがしたいことをやっていていい。
違いがあっていい。

自分の自由を許してあげれば、他人の自由も許しやすい。

生きてるだけで十分立派

今まで悩んで、大変なことも乗り越えて、神の存在を疑うほどの試練を乗り越えてきたあなたの人生。

生き延びてきただけでも十分立派。

サバンナで生きてる動物を見れば「あんな野生で生き延びるなんて大変だ」と思うはず。
同じように、あなたが人生を生き抜いてきたということが十分すごい。

理不尽なこともあっただろう。敵もいただろう。もうだめだと思ったことも一度や二度ではないかもしれない。

でも生きている。それはすごいことだから。

あなたがあなたの「生きている」という事実を認めること。
それがもっとも上手にあなた自身を許す方法。

こうして自分を許し始めたら、多すぎる試練はだんだん少なくなっていく。
つらすぎた人生の試練の連続が、適度な、乗り越えるのを楽しめるような「人生の小テスト」の連続に変わる。

関連記事おすすめ記事

記事下アドセンス

スポンサーリンク

あなたの幸運祈っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

スポンサー広告 ビーナスベッド
悩みを解決したいあなたの手助けをしてくれるエキサイト電話占い。特に人間関係の悩み、家族や夫婦関係の相談に強いと評判。占い相談で隠された問題をあぶり出せば悩み解決のための道が見えてくる。

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-,