病気のつらさを和らげる引き寄せの法則

softena

引き寄せの法則は、あなたが思考し発した波動と共鳴する状態を創りだす。

病気の痛みや症状に意識が集中しているときは、負の波動を発している状態だ。

しかし、苦痛の中でプラス思考を続けるのは楽ではない。
あなたも、引き寄せやスピリチュアルの本を読み、ポジティブシンキングをしようとしたけれど、なかなか良くならない体調のために挫折したことがあるのではないだろうか?

不調の状態にありながら、心地よい状態を引き寄せるプラスの波動を放つにはどうしたらいいのだろうか?

今回は、そんな慢性的な不調のつらさを和らげる波動を放つ方法を見ていこう。

いま病気や健康上の問題を抱えている人は、かならず適切な受診と治療を。
医師にしたがって必要な治療をした上で、精神の力が肉体の健康に与える影響を活用して、つらさが和らいでいる状態を安全に引き寄せていこう。

スポンサーリンク

続く不調のなかで「調子がいい瞬間」を見つけることがカギ

病気のつらさが和らいでいる状態を引き寄せるコツは、「調子がいい瞬間」に意識を集中し、その状態を拡大していくことだ。

「調子がいい瞬間」に意識を集中することで、「私は良くなっている」ということを最大限に感じる。
すると、その良い状態を引き寄せる波動を放つことになる。
ますます「調子が良い状態」に意識が向くようになる。
「調子が良い状態」になれるという信念が、自然とあなたの中で強まっていく。

あなたが今、どんなに苦しくても、「痛みやつらい症状を消したい」と考えると、その痛みやつらい症状に意識を集中させることになってしまう。
かえって、つらい症状にエネルギーを与えることになってしまう。

どんな症状であれ、24時間7日間、100%の苦しみが続いているわけではないはずだ。
かならず安らぐ“瞬間”がある。
無限の苦痛など神が許さない。

あなたがいまなんらかの症状に苦しんでいるのなら、ためしに今日、『和らぐ瞬間』をさがしてみよう。
「あ、いま症状のことを忘れていたな」
そう思う瞬間があるはずだ。

どうしても『和らぐ瞬間』が見つからなければ、逆に、24時間、苦しみに意識を集中する努力をしてみよう。
かならず集中力が途切れる瞬間がくるはずだ。
その瞬間こそが、『和らぐ瞬間』だ。

1秒でも痛みや症状のことを考えていない時間を見つけられたらあなたの勝ちだ。
その安らぎの1秒を、10秒にでも、10日間にでも、10ヶ月にでも、10年にでも拡大していける。

関連記事:健康のための引き寄せの法則

良くなることを焦らない

適切な治療をしたうえで引き寄せの法則を使っても、一瞬で良くなることはない。
引き寄せは魔法ではない。
体細胞が入れ替わるサイクルを無視して、奇跡のような「今すぐ」の結果を求めても、あなたの脳が「そんなことはあり得ない」と否定する。

この「すぐに良くなりたい」という気持ちに罠がある。

「すぐに症状を消したい。今すぐ良くなりたい」という思い。
この思いが、症状に意識を集中させる。
「すぐに良くなりたい」と思うから、「すぐに良くなれるわけがない」という信念を強めてしまう。
そして、ずっと「すぐには良くなれない」という状態を引き寄せ続けてしまうのだ。

だから、「すぐに良くなりたい」と思うかわりに、「私は今この瞬間、どんどん良くなっていっている」というふうに現在進行形で考えよう。

身体に「今まさに良くなっていっている」という現在進行形の信念が巡るとき、肉体のより良くなろうとする力が目覚める。
今、私は、良い状態に、向かっている――現在進行形の信念は、野に放たれた犬のようにあなたの体内をはつらつと駆けまわる。

楽観的になると気づかないうちに悪化しているのではないかと不安になる

健康のことを楽観視していると、気づかないうちに症状が進行しているのではないかと不安になってしまうもの。

健康のためにポジティブでいたいけれど、ポジティブでいるのが不安――それが健康引き寄せの難しさだ。

悲観的に考えるか、楽観的に考えるか。
この“どちらか”で考えると不安が強まる。

現実的な考え方と、楽観的な生き方。
この2つをあわせ持つことができると、気持ちよく健康に向かっていくポジティブさを得ることができる。

検査や治療は現実的に。日常生活は楽観的に。

実際の症状を無視して楽観視しようとすれば、それはただの現実逃避。
不安になるのは当然だ。
逆に、病気や治療のことばかりを常に考えているとすれば、それはただのノイローゼ。
不安になるのは当然だ。

健康対策は具体的で現実的に、しかしひとたび治療方針や健康法が決まったら、それを楽観的に実践していく。
健康のために必要な情報収集などは現実的に行ないつつも、ネットで検索しすぎて不安を強めるようなことはしない。

現実的に考えて、楽観的に生活することができるようになると、楽観的に過ごしながら不安になることもなく、安らぎに満ちた心で健康を目指すことができる。

現実的にできるかぎりの健康法を実践したうえで、楽観的に生きる。
そうすれば、病気の状態にありながらも人生を楽しんでいける。
そして人生を楽しんで生きていれば、健康に向かう力はより強くなる。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-健康のための引き寄せの法則
-, ,