片思い成就のための引き寄せの法則

2017/04/26

onesidedlovea

片想いの成就を引き寄せる基本は2人で過ごしていることを明確にヴィジュアライゼーションすること。

しかしいくらイメージングしても意中の人と両想いになれないあなたは、“2つの間違い”をおかしているかもしれない。
この2つの間違いに気づけば、どんなに無理だと思える彼(彼女)との恋愛も引き寄せられるようになる。

片想いを両想いにする引き寄せの法則のコツとは?

スポンサーリンク

片想いを両想いに変えるイメージングのコツ

より詳細に、細部までイメージングすることが恋人を引き寄せるためのコツ――それは本当。

問題は、どんなふうに細部を思い描くかということ。
どのように片想いの相手の細部をイメージすればいいのだろう?

この「具体的にヴィジュアライゼーションする」を実践するとき、細部の描き方を間違えて引き寄せに失敗している人が多い。

その間違いとは、相手を心のなかで美化しすぎてしまうこと。
相手の良い部分を見るのは素晴らしいことだが、片想いしている場合良く見過ぎてしまうことが問題となる。

憧れのあの人もあなたと同じ人間。

付き合いたい相手を引き寄せる詳細なイメージングのコツは、彼(彼女)を「生身の人間」として精確に心に描写すること。
「美化されすぎた憧れ」というイメージのライトアップの光を、少し下げてあげること。

このイメージング法は、無理だと思える片想いにほど効果がある。

「彼(彼女)は私と同じ生身の人間。特別な存在だけど、特別な生き物じゃない」

そのことに気づいた上で細部までヴィジュアライゼーションできたなら、芸能人への片想いさえ成就する可能性がある。

異性の兄弟がいる子がモテる理由

異性をイメージの中で美化しすぎないことが片想いしている人と付き合うコツ。
つまりいかに生身の人間として異性を思い描けるかということだが、それが上手いのが異性の兄弟がいる人。

異性の兄や姉、弟や妹がいる人はモテる。
それは、彼らが異性を過剰に特別視しないから。

具体的なイメージングによって適度に「異性慣れ」しているような状態になることが片想い成就成功の秘訣だ。

恋人引き寄せはやっぱり行動も大切

片想いを成就させるためには、やっぱり行動も大切。
引き寄せの法則は運命の流れを思考の力で変えるが、その流れに乗るためには行動がいる。
エレベーターを呼んでも乗らないと移動できないのと同じことだ。

引き寄せているのに、行動して“受け取り”をしていない人が多い。
それが片想い成就を引き寄せる上での2つめのよくあるミステイク。

でも、どうやって行動したらいいのだろう?
どんなふうに接するのが片想いを成就させる行動になるのだろう?
そもそも、積極的にアタックできないからこそ片想いの状態を続けているという場合は?

片想いしている相手と付き合うために効果的な行動。
それは、演技すること。

あなたがなりたい自分になりきって、彼(彼女)の前であなたという役を演じること。

演じるといっても、もちろん嘘や虚飾はNG。
好きな人の前でうまく振る舞えないあなたの本来の魅力を、演技するような気持ちで引き出してあげるのだ。

無理だと思える片想いにほど効果を発揮する引き寄せのイメージと行動の秘訣

1. イメージングは現実的に。「憧れのあの人もあなたと同じ人間」。

2.行動は演技するつもりで。「緊張してしまうあの人の前では演技しているあなたのほうがむしろ本物」。

この2つのコツをつかめば片想い成就を引き寄せることができる。
これはとくに無理だと思える片想いを抱いている人にほど効果が高い方法。
相手のことを想うだけの状態がつらくなったら実践してみよう。

関連おすすめ記事

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-恋愛・結婚のための引き寄せの法則
-,