あなたのための引き寄せの法則

『引き寄せ』実践の手引書。引き寄せるための応用哲学。

引き寄せたいのに“ワクワク”できない…どうしたら?

2017/05/06

makeexciteda

「イメージングしてもワクワクしない…」ときはドーパミンを出せばOK

引き寄せの法則を成功させるには「ワクワク感」が必要だと言われている。
イメージングして→ワクワク感に集中すると→実現する、という。

しかしそもそも「ワクワクできない…」と悩む人も多い。

嫌なことやつらいことがあって心のエネルギーが枯渇していると、どんなに好きなものを思い浮かべてもワクワクしないことがある。

そんなワクワクできない人がワクワクするには、ドーパミンを出せばいい

スポンサーリンク

ドーパミンが出るとこんなに引き寄せ力がアップする!

ドーパミンが出れば簡単にワクワク感が出てきて、引き寄せるエネルギーが強力にアップする。
ドーパミンとは脳内物質のひとつで、あなたのやる気、喜楽の感情、ポジティブさのもとになっているもの。

ドーパミンが出れば好奇心旺盛になり、何にでもワクワクするようになる。
喜びや楽しさといったプラスの感情が増幅され、ヴィジュアライゼーションで“いい気分”になれるので引き寄せるためのイメージングがうまくなる。

さらにドーパミンは行動力を高めてくれる。
願望実現に向けた具体的な行動、そして積極性が高められて、思考の現実化が加速する。

ドーパミンレベルが整うとポジティブになれる。
いままでクヨクヨ悩んでいたことが気にならなくなり、良いことだけに集中できるようになる。

ポジティブでいい気分でイメージングできて、行動力も高まるドーパミンのはたらき。
まさにドーパミンはワクワクの源泉。「引き寄せ加速物質」だ。

“引き寄せ加速物質”ドーパミンを出す方法

ドーパミンのもとになる栄養をとる

チロシンというアミノ酸がドーパミンの原料。
チロシンを含む食品でおすすめはヨーグルト。
ヨーグルトはチロシンを含んでいるだけでなく、腸内環境もととのえてくれる。
実はドーパミンは腸内でも作られている。
なのでヨールグルトはダブルでドーパミン生成を促す「引き寄せ加速食品」なのだ。

ほかにドーパミンのもとになる食品は大豆、バナナ、チョコなど。

小さな達成感を得る

ドーパミンを増やすコツは小さな達成感を味わうこと。
小さな達成感を味わうコツは、自分へのご褒美

自分へのご褒美としておすすめなのが、先述の「引き寄せ加速食品」。
何かやり遂げたらこれを自分へのご褒美としておやつにしよう。

◎バナナをトッピングしたヨーグルト
◎豆乳ココア(大豆+カカオ)

恋をする

ドーパミンは恋に落ちるときに出る恋愛ホルモンでもある。
恋をしているとなぜか不思議な力がわいてきて、自分が自分ではないかのようにがんばれるもの。それは実はドーパミンのはたらきなのだ。
成功者や過去の英雄たちも恋のエネルギー=ドーパミンで偉業をなしてきた。

ただし片想い成就を引き寄せようとしている場合、ワクワクしすぎるとイメージングがただの妄想になりがちなので要注意。

「恋と言われても、既婚で倦怠期なんですけど…」という人もいるだろう。
そういう人は、夫と今まで行ったことがないところに行ったり、したことがないことをしてみよう。倦怠期でも二人で何か新しいことをするとドーパミンが出るので、再び“ワクワク”することができるはずだ。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

あなたの幸運祈っています。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ

スポンサー広告 電話占いヴェルニ
引き寄せを加速する電話占いヴェルニ。どうしても叶えたい願望を実現するための最短の道を示してくれる。特に片思い成就、復縁、不倫など複雑な恋愛の悩みを解決に導いてくれる。

-健康のための引き寄せの法則, 引き寄せの法則をより深く理解するために
-, ,