子宝に恵まれるための引き寄せの法則 妊娠を実現する潜在意識

kodakarahikiyose

子宝を引き寄せる方法

すでに妊娠している状態を思い描く

引き寄せの法則で子宝に恵まれるためには、何よりもまず、すでに妊娠している状態を思い描くようにする。

このとき「感覚」をイメージすることが、子宝引き寄せではとくに重要。
生まれてきた赤ちゃんの姿を視覚化する以上に、感覚に集中してイメージングをしてみてほしい。

あなたの身体に命が宿った感覚、お腹の中で手足が動いた感覚、日に日に重くなってくるお腹の感覚。
身ごもったあなたにしか分からない感覚を想像することで、潜在意識に妊娠している状態をインプットすることができる。

スポンサーリンク

赤ちゃんが欲しい気持ちに要注意

赤ちゃんを望むとき、ついつい「早くできてほしい」という念じるような気持ちが入ってしまいがちだ。
妊活が長引いていれば、祈るような気持ちになってしまっているかもしれない。

その感情は自然なものなので完全に消してしまうことは難しいが、「欲しい」という気持ちを上手に手放せたとき、赤ちゃんはあなたにやって来るだろう。

宇宙は、切望するような「欲しい」というあなたの強い気持ちを、むしろマイナスの波動として受け取ってしまう。
「欲しい」という感情は、「まだできていない」という欠乏の心理状態から生まれるものだからだ。

祈ったり念じたりしなくても、自然に赤ちゃんはできる。
そういったリラックスした信念が妊活を成功にみちびく。
むしろ、がんばらないほうがうまくいく。

引き寄せの法則を発動させるコツとして「手放し」というテクニックがあるが、妊活に応用する場合はとくに「欲しい」と焦る気持ちを上手に手放すことが重要なのだ。

お腹へのアファメーション

お腹をさすりながら、自分の体に『私のところに来てくれてありがとう』と語りかけるのも効果的。
これは肯定的な自己説得、アファメーションとしてあなたの潜在意識にはたらきかける。

『元気に育ってね』
『愛しているからね』

あなたの身体に"すでに宿っている"命に対して、プラスの波動を持つ言葉をかけてあげよう。

潜在意識が妊娠を実現させるようにはたらく

あなたの心の深い部分、潜在意識の中に妊娠している状態が定着すると、あなたの身体も自然と妊娠しやすい状態に向かうようになる。

いままで「私はできないのかもしれない…」と無意識のうちに発せられていた心の声。
そんな不安がいつのまにか消えて、リラックスして安心した、母親の波動に変化する。

こうなってくると、あえて意識しなくても妊活にいい食事を自然ととりたくなるなど、体が必要な栄養を求めるようになってくるだろう。
精神的にもリラックスして、無意識のうちにできやすい状態になろうとするようになってくる。

深層心理にひそんでいた、諦めてしまっているあなたがいなくなると、妊娠率をアップする手段や情報が流れ込んでくるようになる。
今まで知らなかった妊活のコツや知恵が、まず最初に情報や物として引き寄せられてくるようになるはずだ。

妊娠引き寄せで「手放し」が何よりも大切な理由

kodakarahikiyose02

こだわらない、気張らない

祈らない、念じない、こだわらない、気張らない。
妊娠引き寄せでは赤ちゃんを望む焦る気持ちを上手に手放しすることが何よりも大切。

イメージングやヴィジュアライゼーションのために子供の写真を目につくところに置いていたり、子育て雑誌を読んでいるという人もいるかと思うが、つらくなったらいったん見るのをやめてみよう。

イメージングに画像を使うのは効果的だが、ネガティブな気持ちがわいてきていることに気づいたら手放してしまっても問題ない。

人と比べない

妊活で焦る感情を上手に手放すには、何よりも他人と比べないことが効果的。

あなたにはあなたのペースがある。
あなたの赤ちゃんにも、その子のペースがある。
早いのが正しくて、遅いのが間違いなどということは決してない。

他人と比べることさえやめてしまえば、できにくい体質などというものはないことになる。
それぞれにそれぞれのペースがあるだけのことだからだ。

リラックスと自愛

赤ちゃんに来てもらうには、リラックスと自愛がかかせない。
あなた自身の心と体をいたわることを忘れずに。
誰よりもまず、自分で自分を大切にしてあげよう。

焦りや不安は引き寄せる波動を乱すだけでなく、心因性の不妊にもつながる。
積極的にくつろぐ習慣をいまから身につけておけば、大変な子育て中も上手に心を休ませて乗り切ることができるだろう。

自分のことをちゃんと愛せるお母さんは、赤ちゃんのこともしっかり愛せる。

ポジティブでいるための上手な休み方 ―心のエネルギー充電法

着床率をアップする"イメトレ妊活呼吸法”

妊娠をイメージすることで着床率がアップすると言われている。
そのときにぴったりなのがこの“イメトレ妊活呼吸法”だ。
精神的なリラックス効果も高いので、不安を上手に手放すためにも活かしてみてほしい。

イメトレ妊活呼吸法のやり方

  1. リラックスできる場所で、あぐらか正座で座る
  2. 下腹部、へそから指4本くらい下のあたりに両手を当てる
  3. 丹田呼吸法(息を吸いながら下腹部をへこませ、吐きながら膨らませる)で細く、長く深呼吸を繰り返す
  4. 下腹部に温かいものを感じるイメージングをする。温もり、熱、赤、ピンク、オレンジなど、実際に温かさを感じられるように想像してみよう

☆カイロで実際に下腹部を温めながらおこなうのも効果的
☆インカローズやガーネットなどのパワーストーンを手のひらに包んでおこなうのもおすすめ

丹田呼吸法は自律神経を整え血液の巡りをよくするので、体温を上げることで着床率をアップする効果が期待できる。
瞑想によって心がリラックスして、手放しがうまくいくようになる。ストレスを軽減することで心因性の不妊解消につながる。
妊娠のイメージトレーニングに呼吸法を組み合わせることで、心身の両面から子宝を引き寄せる力を高めることができる。

まとめ

  • すでに妊娠している感覚を思い描こう。
  • 焦る気持ちを上手に手放そう。
  • お腹に今から語りかけてみよう。
  • 「手放し」が子宝を引き寄せる。気張らない、比べない、焦らない。
  • 丹田呼吸法と瞑想で妊娠イメトレの効果をアップ!

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-健康のための引き寄せの法則
-,