お金を引き寄せるお金の使い方 極貧から富者になる霊的投資術

2017/03/12

howtousemoneyfora

お金を引き寄せるためには、お金の使い方が重要。
だけど、あなたが「お金を使うときの感情」はもっと大切

引き寄せの法則を使ってお金持ちになるには、お金を使うときにあなたの心が放つ“波動”に注意。

金運を上げお金を引き寄せる波動を放つお金の使い方とは?
とくに「今、お金がない」けれど「これから、お金持ちになる」あなたのための引き寄せの法則

スポンサーリンク

「お金持ちごっこ」で富を引き寄せられるのは本当?

お金持ちごっこの効果とは?

引き寄せの法則や潜在意識活用術でよく語られるのが、「お金持ちごっこ」の効果だ。

これはお金がなくても、“お金を持っているかのように”振る舞うことで、実際にリッチになる、という方法で、成功体験談が多いことから引き寄せ指南ではベーシックなテクニックとなっている。

なけなしのお金で高級ホテルに泊まってビッグな商談をまとめたとか、食べるものにも困っている状態でも高級スーツを身に着けることで収入が何倍にも跳ね上がったとか、昔から「お金持ちごっこ」の成功談は多い。

お金持ちごっこの効果は、本当。
まず潜在意識に自分はお金持ちだと擦り込み、セルフエスティームを高めることで富に向かう。
次に周りの人に「富んでいる人の波動」が放出され、金運を上げる人脈や出来事との出会いを引き寄せる。

でも、こんなお金持ちごっこは『欠乏マインド』を高めてしまう!

しかし、注意したいのは、お金がないのに贅沢なことにお金を使うときに生じる「もったいない」という負の感情だ。

お金を気持ちよく払えるのなら問題ないのだが、支払うときに「無駄遣いをしてしまった…」「もったいない…」「本当はこんなことにお金を使いたくない…」という感情があると、『欠乏マインド』を強めることになり、かえって貧困の波動を宇宙に放出してしまう。

「お金を払う喜び」を感じて“金運上昇波動”を放つ!

howtousemoneyforb

無理をしないお金持ちのなり方。お金を使う喜びが金運を上げる!

お金持ちのふりをしてリッチになる方法はぜひ取り入れたいテクニックだが、無理をしてしまっては本末転倒。

「本当は払いたくないけど、金運を上げるために…」と痛みをともなうようなお金の使い方をすると、負のエネルギーのほうが強くなってしまう。

それよりも、「お金を使う喜び」を感じることに意識を集中させよう。
お金が払える喜びを感じることができれば、無理をして贅沢をするよりも楽々と金運を上昇させるプラスのエネルギーを生み出すことができる。

人によって変わる「お金を使う心地よさ」

どんなことにお金を使えば喜びの波動を生み出すことができるだろう?
それは、一人一人違う。
「贅沢」の感覚も人によって違う。

一杯の高級コーヒーに至福の喜びを感じる人もいれば、洋服やバッグを買うことに喜びを感じる人もいる。

誰かにとって価値があることでも、あなたにとってはまったく価値が感じられないこともあるだろう。

自分にとって本当に価値があると思えるものにお金を使うことが「お金を使う喜び」を感じるもっとも効果的で、楽しい方法。
支払いのときに喜びと満足感が得られれば、それはお金を引き寄せるためのお金の使い方ができている証拠だ。

何倍にもなって返ってくる3つのお金の使い方

howtousemoneyforc

1.値段以上の価値があるものにお金を使う

値段以上に価値があるものを買えたときは、支払ったあとの財布の中身がどうであれ喜びと満足感が得られるもの。

むしろ、お金がないときにこそ、価格以上の価値があるものを買えたときの喜びは強くなる。
その満足感こそが、金運を上昇させる波動を放っているときの心の状態だ。

これは日常的に活かせる方法なので買い物に行くときに意識してみよう。
たとえば、普通のキャベツが値上がりして300円になる前日に、新鮮でオーガニックのキャベツが150円で買えたときの満足感。それが引き寄せの法則だ。

値段以上に価値があるものにお金を使うのは、投資感覚をやしなう意味もある。
スピリチュアルな理論だけでなく、現実的にお金持ちになっていくためのセンスの磨き方でもあるのだ。

案外、世の中、物の値段は適正に決まっていないもの。
高い物に価値がないこともあれば、安いけれど価値があるものもある。
誰かにとっては価値がないものでも、あなたにとっては価値があるものもある。
そこを見きわめてお金を流す先を考えれば、あなたはより少ない資産でより大きな富の流れを生み出すことができる。

2.愛する人のためにお金を使う

愛する人のためにお金を使う。これ以上に「お金が使える喜び」を感じられることはないだろう。
そして、愛する人のためにお金を使うこと以上に価値のある投資もない。

愛情を表現するためにお金を使うときには、多少の懐の痛みさえもプラスの波動へと転ずることができる。
「支払いが少々キツい…けどあの人のためなら」と思えば、身銭を切る痛みさえ愛情のオーラに包まれて金色に輝き出す。

愛する人がいない…という人もいるだろう。
それなら、自分のために使おう。
あなたは、もっともあなたから愛されるべき人なのだから。

応援したい活動に寄付する

寄付ほど気持ちいいお金の使い方はない。
誰かを幸せにしながら自分も幸せになれる。

大富豪はみな多額の寄付をしている。
節税対策という意味もあるだろうが、どんな思惑であれ受け取る側にとって嬉しいことに代わりはない。与える喜びも感じられる。つまりプラスのエネルギーを生み出しているのだ。

特にプラスの波長を高める寄付の仕方は、あなたが応援したい活動をしている団体に寄付することだ。

あなたが貧乏な苦学生時代を経験したり、奨学金の返済で苦しんでいるなら、学資金を支援する団体に寄付する。
あなたが病気で苦しんだ経験があるなら、その病気の治療を支援している団体に。
あなたが住むところにも困るような経験をしたことがあるなら、ホームレス支援のために。
あるいは、美術を愛しているなら芸術文化発展のための活動に。

とにかくあなたが「これを応援したい」と思う活動に寄付することで、「お金を使う喜び」は最高潮に達し、魂の底から湧き上がるような高周波の金運上昇波動が放たれる。

税金・保険料を気持ちよく支払うには

公共サービスをフル活用する

税金を気持ちよく支払うためには、公共サービスをフル活用するといい。
恩恵にあずかっていることであれば、無駄遣いしたような気持ちになることはないからだ。

図書館で本を借りる。一冊1500円の本を無料で10冊も借りれば15000円分気持ちよく税金を払える。
体育館のジムを利用する。たった数百円で、民営のスポーツジムであれば月会費10000円分の設備が利用できるだろう。
税金で作られた公園を散歩する。プライスレスだ。よく晴れた日に並木を歩けば、こんなに素晴らしいものを作ってくれるならいくらでも払ってあげようという気になれるはずだ。

さらに無料の健康診断、仕事に役立つ無料のセミナーなど、誰も知らないような公共サービスが実はこっそりと充実していたりする。

それら国のサービスを活用することで、気持ち良く税金が払えるようになり、納税するたびにプラスのエネルギーを増して金運を上げることができる。

健康保険や年金は「誰か一人のために」支払うつもりで

健康保険料や年金の支払いをするときは、誰かあなたが尊敬する人のことを思い浮かべながら支払おう。
その人が病気などで困ったとき、あなたが支払った保険料が支えになるからだ。

「あの人のために払おう」と決めて、あなたが尊敬している人の顔を思い出す。すると、「愛する人のためにお金を使う」ときの効果が得られるので思念が濁らない。

「ひとりひとりが支え合っています」などと言われても、窮乏しているときにはそんな偽善的な道徳観は響かない。
「みんな払っているんです」と言われても、みんなが払っているものさえ払えずに困っている人にどうしろというのか。

しかし、もしあなたが、自分に関わりのある、愛情を持って顔を思い浮かべることができる誰か一人のために支払っていると思えば、それはお金に形を変えた愛情となってプラスのお金の流れを生み出すことになるのだ。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

いつもありがとう。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ【にほんブログ村 投票ボタン】

スポンサーリンク

-お金のための引き寄せの法則
-, ,