起業家が逆境を乗り越えるための引き寄せの法則 7選

2017/02/25

hikiyoseentrepreneura

梅が咲いた、桜も咲き始める。しかし私のビジネスはいつ花開くのか――そんな起業家のあなた。

何ヶ月も資金繰りで困ってるかもしれない。そんな状態がもう何年も続いてるかもしれない。

やりたいことで起業したはずなのに、やりたくないことばかり日銭を稼ぐためにやっているかもしれない。

そんな逆境にある起業家のあなたのための引き寄せの法則7選。

スポンサーリンク

1.「引き寄せの法則」を起業成功のために使いこなす!

ビジネスのための引き寄せの法則の基本。起業家が成功するためのヴィジュアライゼーションアファメーションの方法を解説。

事業がうまくいくまでの心構え。いかにして成功を待つべきか。「成功への道程」を歩いているあなたの人知れぬ苦労との向き合い方。

独立は周囲の人間に反対されるもの。あなたのやる気を挫く人たちとうどう付き合うか。
開店休業状態で仕事がない間、社会人としての自信のなさをいかに解消するか。

そして、ビジネスを軌道に乗せたあと、いかにして成功を継続させるか。
引き寄せの法則の現実的ビジネス応用法。

2.本当の「フリー」になるためのフリーランス向け仕事引き寄せ術

まったく「フリー」を感じられないフリーランスになっていませんか?
仕方なくやる下請け仕事ばかりになっていたり、雑務に追われている起業家に。

夢を叶えたはずなのに。
こんなはずじゃなかった。
いつかやりたいことをやるための下積み…いつまで積み続ければ?

そんなフリーランス・個人事業主のあなたに。

引き寄せの法則によって「あなたが望む仕事」「あなたの才能が本当に活かせる仕事」だけを引き寄せて十分な報酬を得る方法。

仕事を断るのが怖くなっていませんか。
本当の意味で「フリー」なフリーランサーになる方法。

3.潜在意識の活用で想像を超えるクリエイティビティを呼び覚ます!

行き詰っているあなたへ。にっちもさっちもいかないときに。

どうしても他人のビジネスと差別化できずに悩むとき。
ヴィジョンはあるのにそれを現実化する方法がどうしても見つからないとき。
万策尽きたと思えるとき。

もっとクリエイティブになりたいあなたへ。潜在意識を活用してあなたの中にある無限のアイデアを引き出す方法。

4.逆境の効力

「逆境の効力」について知れば、あなたが今、“何を蓄えているか”が分かる。
逆境は預金通帳だ。あなたの内面的、そして経済的な豊かさがどれだけ貯まっているのか見てみよう。

向かい風にあいながら、あなたはなんとか凌いでいるかもしれない。
それでいい。それで大丈夫。順調に見える人、成功する人が必ず通る道を、今、あなたは通っている。

5.最強の仕事効率化法。それは休息をとること。

仕事の効率化についてはあなたも常に考えていることだろう。
最強の効率化法は、上手な休息の取り方を覚えること。

フリーランスや自営業者は「休むこと」が苦手だ。
毎日が休日のようで、毎日が仕事だから。

とくに、うまくいっていないとき。
うまくいっていないときにこそ休みが必要なのに。

休むことでクリエイティブになれる。休むことでエネルギッシュに逆境を打破できる。
リラックスすることでしか、壁は打ち破れない。休めなければ、自滅する。

絶対不変にして最強の成功法則があるとしたら、それは「いかに休むか」について説いたものだろう。
がんばることよりも、休むことのほうがずっと難しい。とくに起業家タイプの独立心旺盛なあなたのような人にとっては。

6.わずかな意識で「成功者の品格」を生み出す法

人脈、金運を引き寄せる「表情・姿勢・声」の扱い方を解説。
気張らなくてもわずかな変化であなたが周りに引き寄せるものが変わる。「成功者の品格」の自然なつくり方。

クライアントと接するときにこれを意識するだけで結果が変わってくる。
「なぜ、うまくいかないのか…」と悩んだときに試してみよう。

主に一人で仕事をしているデザイナーやライターなどのフリーランスの人も、一人でいるときは自分自身の潜在意識と関わっているのだということを忘れてはいけない。

あなたがあなたに対して誠実になると、あなたの運命があなたに誠意を見せてくれる。

7.引き寄せ流ノマド術

たまには外で仕事をしよう。
自宅兼オフィスやスモールオフィスで仕事をしていると、「うまくいかない」ときの悶々とした波動が室内に充満して自家中毒を起こしてしまう。

成功したい起業家がノマドするなら、どういう街のどんな店がいいのだろう?
立派なオフィスがなくても、あなたは世界中に「セカンドオフィス」を持つことができる。

成功のための波動を感じるノマドスペースの選び方。

社長であるあなた向けに付け加えるとしたら、波長を感じ取るだけでなく「本物」を見きわめる感覚を磨きたいところ。
高いけどまずいコーヒーを出す店、きれいだけどやかましい店、ブランド力だけの店――そういう店にお金持ちや本当の意味で仕事ができる人はいないだろう。
緑色のニューヨーク風のカフェのテーブルの上で開かれたマックブックからマックは生まれない。つまり、そういうことだ。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-お金のための引き寄せの法則, 仕事・勉強のための引き寄せの法則
-, ,