恨んでいる人にも感謝するには? 引き寄せるための感謝の波動の高め方

goldenappreciationa

「感謝」のパワーは、引き寄せの法則を発動させるという。
感謝するようになれば、なんでも自然に叶っていくという。
だから、引き寄せの法則で夢を叶えたいなら何にでも感謝しましょうーーと。

だが世の中には残念ながら感謝しづらい人たちに囲まれて生きている人もいる。
とても感謝などできないような人や出来事と出合ってしまい悩んでいる人もいる。

そのような人でも感謝のエネルギー…引き寄せ力を上げる強力なプラスの波動を得る方法とは?

スポンサーリンク

嫌いな人にも感謝するには、まず、その人の全体を見ることをやめる。そして、部分的に感謝できることを見つける。

その人(もの・こと)“全体”に感謝しなければいけないと思えば、感情的には受け入れられない部分がどうしてもひっかかる。

許さなければいけないと思えば思うほど、恨む気持ちに意識が集中し、エネルギーを与えることになり、怒りが心の奥で煮詰まっていく。

恨む気持ちを手放すには、まず、恨んでいるという自分の感情を受け入れる。
許そうと無理をするのは、自分の中にある感情を認められないから。
まず自分の感情を認め受け入れないかぎり、恨みや怒りを手放すことはできない。

「感情を認めること」と「感情を放出すること」は違う。まったく違う。放出しても発散されない。強めるだけ。

ではどうしたらいいのかというと、ただ自分の心の中で「私は恨んでるんだなー」と客観的に見つめられればそれでいい。

「ある部分では非常に感謝しているが、ある部分では許せないこともある」

それはとても自然なこと。
それでも、人は生きていける。人同士は、かかわっていける。
その人情の自然に気づくことが、恨んでいる人の中に「感謝できる部分」を見つけるために必要なのだ。

「すべて許して感謝しなければならない」と思えば、それは人間には無理なことなのだから、その感情と思考の矛盾で葛藤が生まれる。そして、すべてを恨む、まったく許せないというほうに傾く。

すべてを恨むような状態でいれば、今度はまた「感謝できなければいけない。許さなければいけない」という葛藤に突き当たる。

感謝できる部分も、恨んでいる部分も、両方認めればいいのだ。両方事実なのだから。両方認めるしかないのだから。

そして両方認めるとき、自然と感謝のほうが勝ってくる。プラスの波動は少量でも多量のマイナスの波動を打ち消すからだ。

イメージとしては「砂金採り」の感じ。
あなたは砂金採りをしたことがあるだろうか? あるいはテレビか何かで見たことが?

川に沈む砂金を採るときは、ほんの一粒の金をとるために、砂ごと大量にすくいあげる。

この“砂”が恨みや怒りで、“砂金”が感謝だ。

もし、はじめから金だけを川砂の中からつまみ上げようとしたら?
そんなことは人間業では不可能だ。

また、大量の砂に埋れているからといって、金の価値がなくなってしまうなどということがあるだろうか?

同じように、許せないという感情を受け入れながら、同時に、感謝の尊さと価値を見つけることは可能なのだ。

その“砂金一粒分の感謝”の力があれば、あなたはどんな人間関係においてもプラスの波動を生み出し幸運を引き寄せることができる。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-人間関係のための引き寄せの法則
-,