引き寄せ成功者を狙う「フレネミー」に気をつけて

2017/03/16

frenemya

引き寄せの法則で理想の恋人を作ったり、仕事での成功を実現しているあなた。
または、いま引き寄せている途中だという人。

そんなあなたを狙う敵の存在に気づいているだろうか?
あなたの友達の中にひそんでいるかもしれない、「フレネミー」の存在に…

あなたが引き寄せの法則で実現した幸福をフレネミーから守る方法とは?

スポンサーリンク

フレネミーとは

フレネミーとは、友達のふりをした敵のこと。
フレンド(友達)とエネミー(敵)を合わせた造語だ。

仲がいいふりをしながら、陰であなたの足を引っ張ろうとしている人。
一見、親しげに感じるものの、その親しさの裏には嫌味しかない人。

最初は親しみやすく、明るい人だと感じてしまうことが多い。
良い人だと思って友達になってしまったとで、実は「毒」をたっぷり抱え込んだ敵だと分かるので質が悪い。

フレネミーは明るいふりをして、もっとも陰湿なタイプの人間である。

フレネミーの特徴 その核心は「病的な優越欲求」

フレネミーの特徴を見ていこう。

優越欲求が強い。自分がいちばんだと思い込んでいたい。自己を向上させる努力は一切せず、周りを引き下げることで優越欲求を満たしたい。

☆容姿は派手なことが多い。ぱっと見派手でなくても、どこか独特のケバケバしさがある。身に着けるものの色選びにどこか違和感がある。

☆嫉妬深く、他人の成功や幸せを喜ぶことができない。

☆ポジティブな話題はすべて自慢話に聞こえてしまう。耳に悪意のフィルターがかかっている。

☆他人を褒めることができない。褒めているようで、実はすべて嫌味。嫌味を言うことで自分の優越感を必死で保とうとしている。

☆他人の優れている部分を認めることは絶対にできない。常に誰かを見下していなければ精神崩壊してしまう。

☆有名人や、職場や学校の人気者と仲がいいことをアピールしたがる。自分を実際以上に高く見せたいため。実際にはレベルが高い人たちには相手にされていない場合が多い。

☆あなたが失敗したときや、悪いことがあったときにすり寄ってくる。「他人の不幸は蜜の味」という人種。大親友のふりをして蜜を吸いに飛んでくる。

フレネミーは引き寄せ成功者をねらう!

frenemyb
以上の特徴から分かるように、フレネミーの唯一にして最大の目的は、「人を見下して優越欲求を満たすこと」

成功している人、人生うまくいっている人が彼女の敵としてロックオンされてしまう。

理想的な恋人がいて、好きな仕事で才能を活かしていて、リッチで、美しくて健康で、夢をいくつも実現していて、運がよくて、いつもポジティブで、幸せな人。
それが、フレネミーのターゲットになる人の特徴。

…そう、つまり引き寄せの法則成功者こそ、フレネミーに何より憎い敵と見なされてしまうのだ。

引き寄せで幸せを手に入れた人がフレネミーのターゲットになりやすいのには理由がある。

引き寄せの法則で願望を実現して幸せになった人の多くは、もとは明るくハッピーなタイプではなかったことが多い。
どちらかといえばネガティブだったり、挫折続きだったり、消極的だった人が多い。
それが、ポジティブな心のエネルギーの使い方を知って、一転、「運がいい人」の仲間入りをするというパターン。

フレネミーは、こういう人が許せない。
彼女は常に誰かを見下していないと不安になる。
見下せると思い込んでいたはずの相手が、幸せな成功者になることなど絶対に認められない。

だから、引き寄せ成功者はフレネミーの存在に注意が必要なのだ。
でも、大丈夫。
上手な対処法さえ覚えておけば、フレネミーの魔の手から逃れることができる。

フレネミーの対処法

frenemyc

面と向かっての指摘はNG

フレネミーは嘘の陰口を流すなど、倫理的に看過しがたい行為に走ることも多い。
だが、けっして面と向かって彼女の間違いを指摘してはいけない。

フレネミーの核になっているのは「自分が一番でなければならない病」だ。
自分の非を指摘されるということは、精神的に未熟な彼女にとっては自己否定されるのと同じこと。つまり、「見下された」と感じてしまうのだ。
「自分が一番病」の発作を起こしてしまうだろう。

事実がありもしない噂を流されるなど、一言いわなければ気が済まないようなことをされることもあるかもしれないが、しばらく静観してみよう。
みんな、「彼女はなにかおかしいぞ」と気づいている。ひそかにフレネミーの彼女にうんざりしている人も実は多いものだ。

褒める。とにかく褒める。褒める練習はフレネミーで。

フレネミーの核心は「優越欲求」。「自分が一番でなければ気が済まない病」だ。
その優越欲求を、褒めちぎって満たしてやればいい。
褒めることが彼女の「発作」を止める頓服薬になる。

人を褒めることは、あなた自身の魂のレベルを高めることになる。
とても褒められたものではないフレネミーを褒めることができるようになれば、ひそかにフレネミーにうんざりしていた周りの人たちは、あなたを尊敬するようになるだろう。

フレネミーにエサを与えない

フレネミーがもっとも好きな食べ物はなんだろう? 
そう、「蜜」だ。他人の不幸は蜜の味、の蜜。それが彼女のエネルギー源なのだ。

彼女の「発作」を恐れるあまり、不幸自慢や自己卑下などネガティブな話を聞かせてなだめようとすると、あなたは彼女の餌食に認定されてしまう。

彼女のお気に入りの餌食にならないためには、愚痴や陰口という「エサ」を与えないこと。
代わりに、褒める。
どんな話題も彼女を褒める話につなげてしまおう。

褒めながら逃げる

フレネミーのなけなしの自尊心を傷つけないように褒めちぎりながら、距離を取ろう。

フレネミーの目的は友情ではなく、他人を踏み台にして自分の自尊心を満たすこと。
あなたが彼女にとって「踏み台」にはならないと感じたら、向こうから離れていってくれる。

困ったちゃんの彼女を根気よく褒めきり、そして逃げきったあなたを見ていた周りの人たちは、あなたのことを尊敬し、本物の「フレンド」になってくれるだろう。

ターゲットにされている間はつらいかもしれないが、最後に笑うのはあなただ。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-人間関係のための引き寄せの法則, 引き寄せの法則をより深く理解するために
-, ,