フリーランサーが望む仕事だけを引き寄せて成功する方法

2017/05/19

freelance

フリーランスのための引き寄せの法則

 フリーランサーとしてのあなたの理想の状態とはどういったものだろうか。まずは想像してみてほしい。
 好きな仕事だけ選べること、自分の能力が最大限に発揮できる案件、もちろん報酬は十二分。
 仕事の内容がよく分かっていて、無自覚に無理難題を言うことなど絶対にない優良顧客。
 仕事をする時間も曜日も、そして場所も完全に自由。間違っても無意味なミーティングや訪問を要求するようなことはない優良顧客……。
 自分の適性にあった分野で、したい仕事だけをして経験がどんどん蓄積されていく。
 毎日楽しくて、もはや遊びと仕事の違いなど分からない。
 お金はどんどん貯まっていき、もう生まれ変わっても会社員に戻ろうとは思わない……。
 これらはあなたにとって夢ではない。
 引き寄せの法則を正しく実践すれば、あなたは理想のフリーランスライフを手に入れることができる。

 その理想を実現するには、そのまま理想を鮮明に思い描き続けることだ。あなたが望んだことが、そのまま引き寄せられる。
 あなたは堅実な個人事業主なので、今すぐこのページを閉じたくなったかもしれない。こんな非現実的なものは読まずに『ライフハッカー』でも読もう……そう思っているに違いない。
 そして謙虚なあなたは、「このライフハック、この前も同じようなものを読んだな……」と思いながら現実主義的な仕事術を学ぼうとしていることだろう。

 しかしその現実主義は、実は現実を正確にとらえていない。
 現実には、あなたは望む仕事だけを引き受けてやっていける能力がある。
 現実の世界は、あなたが好きなことだけやって生きていくことを許してくれている。

 現実主義……つまり顕在意識による思考が見ている世界は、あなたにまったく自由のないフリーランスライフを現実だと思い込ませようとしているのだ。

スポンサーリンク

上手くいかないフリーランサーが持っている2つの思い込み

 上手くいっているとは言い難いフリーランサーが持っている思い込みが2つある。
 1つは、「自分にはこんな仕事がお似合いだ」という自己卑下の思い込みだ。
 『ライフハッカー』で検索してこの記事にアクセスしてしまった意識が高い人たちの言葉で言えば、『セルフエスティームが低い』ということだ。
 ただし“引き寄せ”で言う思い込みとは、顕在意識上のものでなく潜在意識上のもののことだ。
 あなたがどんなに「こんなものは私の仕事ではない」と思ったところで、心の深い部分で「仕事とはこういうものなんだ。やりたくないことでもやらなければいけないんだ」と思っていれば、その思考にふさわしい仕事が引き寄せられてしまう。
 あなたがやりたくもない仕事に時間と気力を奪われ、雀の涙ほどの報酬で貴重な能力を売り飛ばしてしまっているとしたら、まずは自分自身の潜在意識にふさわしい報酬を与えなければならない。
 「私は好きな仕事だけ選んで十二分な報酬が得られるだけの能力を持っている」と気づこう。

 そしてもう1つの思い込みとは、「世界には自分が望む仕事が十分にない」というものだ。
 好きなことだけやって生きていくなんて、そんなことができるはずがない……あなたはそう刷り込まれて生きてきた。そんな中で自分を信じてフリーランスになったのだからそれだけでも十分立派なものだ。
 だがその思い込みは間違いだ。
 世界には、すべての人が好きなことだけやって生きていくのに十分な仕事がある。みんなそんなわけないと思い込んでいるので、それぞれが自分にふさわしくない仕事を選んで文句を言い合っているわけだ。
 「世界にはあなたが好きなことだけやって生きていけるだけの仕事が十分にある」ということを知ろう。

 上手くいっているフリーランサーを観察してみよう。
 好きなことだけやって、十二分な収入を得ている人が存在している!
 それはあなたにも可能なことだ。
 あなたがそれを希望し、思い描き、そして思い描いたその世界こそが真実なのだと受け入れることができれば、現実は変わる。 

依頼を断っていたら仕事がなくなってしまうのでは……というフリーランスの不安を乗り越える法

 「どんな注文でも受けないと食べていけなくなる」……そう思い込んでいるなら、そうなるだろう。
 例えばあなたが八百屋だとしても、「家電の注文を受けたら家電を仕入れて売らなければならない」と思っているならそうなるだろう。
 みんな悪気があってあなたにしたくもない仕事の依頼を持ってくるわけではないのだ。人間というのは、“やってもらえることはやらせてしまう性質”がある。
 自分が何屋さんなのか、自信を持って看板を出そう。
 あなたが冷蔵庫の仕入れを断ることにも悪意はないはずだ。
 やりたい人と、やってもらいたい人――それぞれが正しく結びつくように、間違って入ってきてしまったお客さんにはお帰りいただき、塩をまいておこう。

 上手くいっているフリーランサーとそうでない人の違いは1つだけだ。
 上手くいっている人は、「自分にふさわしい仕事だけで生きていける」と信じているので、望ましい仕事だけを引き寄せることに成功している。
 上手くいっていない人は、“良い仕事が来るようになってから”フリーランスでやっていけることを信じようとしている。
 確信が先にある人だけが成功する。
 結果が出てから信じようと思っていれば、いつまでも結果は出ない。

 どうしても信じ切ることが怖ければ、期間を決めて試してみよう。
 たとえば3か月と期間を決めて、その期間は好きな仕事だけにイエスと言う。やりたくない仕事、向いていない仕事にはノーと言う。
 それで望まない仕事が切れてしまったとしても、かえってさっぱりして良い。
 引き寄せの法則は危ない宗教ではないので、すべてを捨てて信じよ! とまでは言わない。
 ただ、やはり信じ切ったほうが効果が高いので、期間を決めてその間だけは信じ切ってやるべきことに集中する――そんな“実験”をしてみてはいかがだろうか。
 今まで計画を立てて地道な努力をし、ときには大胆な決断をしてきたあなたなら、きっと上手くいくはずだ。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

いつもありがとう。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ【にほんブログ村 投票ボタン】

スポンサーリンク

-仕事・勉強のための引き寄せの法則
-,