「冷却期間」を活かした復縁引き寄せのやり方

coolingtime

冷却期間のこのイメージングで復活愛を引き寄せる!

復縁を成功させるコツの代表的なものが「冷却期間」をつくること。
連絡したい気持ちを我慢してあえて距離を置くことで復活愛を叶える基本的なテクニックだ。

この冷却期間中に適切なイメージング法で愛の波動を高めることで、より効果的に復縁したい相手の気持ちを引き寄せることができる。

思念の力を使うことで、冷却期間中に相手の気持ちを“温める”ことができるのだ。

そのイメージング法とは、相手に「もっとしてあげられたはずのこと」を実際にしているところを視覚化すること。
もし別れていなければもっとできたはずのことを、あなたが想うその人にしてあげているところを鮮明にイメージしてみよう。

相手のために「もっとこうしていればよかった」と思うことを、実際にしているところを想像しよう。
すると後悔する気持ちのかわりに、あたたかい愛情の波動がわいてくるのを感じられるはずだ。
この波動が意識の深い部分を通じて相手に伝わることで、連絡を断っていても、音信不通になっていても、あなたの気持ちを魂のレベルで届けることができる。

冷却期間はどれくらいとるべき?

連絡したい気持ちを我慢する期間は、相手との関係にもよるが少なくとも2週間~1ヶ月はとるといいだろう。

あなたが連絡を我慢している間、相手の中ではあなたのことを考える時間が増える。
その瞬間の相手の気持ちに、先述のイメージングによって発生した思念の波動が結びつくことで愛が復活するための準備がととのうのだ。

スポンサーリンク

連絡断ちをしている間に彼が戻ってくるスペースをつくるアファメーション

冷却期間中はイメージングをして波動によって相手の気持ちを温めながら待つ。
さらに、相手がいつ戻ってきてもいいようにあなたの心のスペースを準備しておくこともできる。

あなたが復縁したい相手が戻ってきやすくなる状態をつくるにはこのアファメーションを使おう。

「私は彼(彼女)と仲直りして、もとどおり和やかにやりとりしている」

冷却期間中にこのアファメーションを繰り返すことであなたの心の余裕が広がり、相手が安心して帰ってきやすいスペースが準備される。

冷却期間中に心の余裕を取り戻すには?

彼(彼女)が戻ってくるための心のスペースを用意するためには、部屋の掃除も効果的だ。
部屋を掃除することで心が整理され、連絡したい気持ちを抑える効果もある。
風水的に運気を高めることもできるので、連絡断ちをしている間はスマホを引き出しにしまって部屋の掃除をしよう。

冷却期間をやめるタイミングは?

1.冷却期間をとりつつ「してあげられたこと」をイメージングして思念伝達で彼の中のあなたを想う気持ちを高める

2.連絡を我慢しながら「もとどおり和やか」アファメーションであなたの心のお部屋を彼が戻ってきやすい状態にととのえる

この2つを実践していると、あなたの心に変化の瞬間が訪れるはずだ。
「いまなら感情的にならずに“いつもどおりに”やりとりができそう」――そんな気がしてくる瞬間が来る。そのときが連絡を再開するタイミングだ。

ちゃんと冷却期間中に連絡我慢ができていれば、相手のほうもまたもとどおりあなたとやりとりできる状態になっているだろう。

冷却期間のイメージングとアファメーションによって相手の気持ちもあなたの気持ちも温まっている状態でよりを戻すことになるので、今まで以上に燃え上がったり、そのまま結婚にいたるということもあるかもしれない。

別れた直後などは連絡をしないと気持ちが離れてしまいそうで不安になるかもしれないが、意識の深い部分では変わらずつながっているから大丈夫。
イメージングによる引き寄せ法を使いながら上手に冷却期間をとることで、結果的に最短で復縁成功を引き寄せられるはずだ。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-恋愛・結婚のための引き寄せの法則
-,