叶う日を待たない 引き寄せながら幸せになる方法

alreadyitcame

すでに叶ったように日々をすごす。

いつか、叶ってから……そう思っていると、“いつか”は来ない。

“いつか”を待っている間、毎日が無駄になる。
本当は幸せになれたはずの日々を、未来のために捨ててしまう。

すでに実現したようにすごすことで、いまから幸せになれる。

物理的にどうにもならないこともある。
そのときは、そのなかで最善を尽くす。

日常に小さな幸せを見つける。
手の届く贅沢は何かを考える。

ブランドものの洋服がなくても、ファストファッションだろうと新しく清潔な服は心地いい。
コース料理でなくても、自分で食材を選んで作った栄養豊富な料理を食べると満たされる。
リゾート地にいけなくても、近所にまだ行ったことがない、リフレッシュできる公園があるはずだ。

人間は大きな幸福を追求する。
小さなことで大きな幸福感が得られるとは知らずに。

夢が叶う日を待たない。

ほんとうは、いまこの瞬間にもできることがある。
なにか、できることがある。

夢が叶う日を待つと、そのことに気づけなくなる。

“いつか”という呪文が、あなたの手を縛る。

そしてあなたは数年後に気づく。
もっと、できたことはあったはずだ、と。
あのときもっと、ああしていれば……と。

実現したかのように生きることで、いつかやろうと思っていたことが、いま、できる。始められる。

叶う日を待つということは、夢をただの妄想にしてしまうということ。

すでに叶ったように感じるということは、叶う日を待たずに、いま、その状態になること。

すでに願望が実現したように感じながら、いまを生きる。

すると、世界のほうがあなたに合わせて変わってくれる。

いまあなたがどんな状態でも、“すでに実現した世界”を、今日から生き始めよう。
理想とずいぶん違うところも色々あるだろうが、かまわない。

いまできることをやる。
その瞬間から、人間は幸せになれる。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-, ,