逆境こそ「引き寄せ」のチャンス

advers

いままで自分が何を引き寄せてきたのか。

引き寄せてきてしまったのか。

それがはっきりと分かるのが、逆境におちいったとき。

仕事上の行き詰まり。
経済的困窮。
病気の発覚。
人間関係のトラブル。
離婚。

どうにもならない状況。

追い込まれたとき初めて、自分の思考が何を引き寄せてきたのかに気づく。

だが安心してほしい。

追い込まれたときこそ、思考の力に気づき、最大限に引き寄せの法則のパワーを活かして望むものを手に入れるためのチャンス。

逆境を乗り越えて、これまで以上の幸福を引き寄せることができる。

今日をあなたのターニングポイントにしよう。

スポンサーリンク

逆境にあうと本当に大事なものが分かる

引き寄せの法則の大原則は、“自分が何を望んでいるのかはっきりと知る”こと。
あなたの心の底からの願望に気づくこと。

それは、他人に流されて思い込んでいた偽の理想ではない。
社会に合わせて持っていた冷めた夢でもない。

追い込まれたとき、初めてあなたの心からの願いが見える。
何かを失ったとき、やっとあなたにとって何がいちばん大切なのかが分かる。

引き寄せの法則の基本――あなたが本当に望むものをはっきりさせる――は、逆境において初めて達成される。

より深く。
より強く。

逆境であなたの潜在能力が目覚める

引き寄せの法則は、潜在意識の活用法。
潜在意識の隠された力は、逆境でこそ発揮される。

潜在意識を発揮しなければ乗り越えられないような窮地に追い込まれたときに。

逆境にあってなお、希望を持ったときに。

逆境における潜在意識からのメッセージ。潜在能力の発揮。
その別名は神の慈悲。

追い詰められたとき、思考するしかない。
問題を乗り越えるために、知恵をしぼるしかない。
考えて、行動するしかない。

知恵をしぼりきる。
そして、何かを信じきる。

しぼりきった知恵が、信じた瞬間にゆるみ、ほどける。

人生の嵐のなかで、台風の目に入ったように、楽になる瞬間がある。
そして、天からのお告げのように打開策が降りてくる。

もう無理だと思っていたのに、行動するための力が、まるで何かの手に支えられているかのように湧いてくる。

逆境がきっかけで夢が叶う

逆境をきっかけに、引き寄せを成功させるための地盤がととのう。
潜在意識の力が最大限に活用できる。

逆境を乗り越えられる。
さらに、あなたはあらゆる望み、夢を実現させられるようになる。

深くしゃがむほど高く跳べる。
波は引くほど大きくなる。
夜明け前がいちばん暗い。
そして、快晴の朝はよく冷える。

なぜか神は、光をあたえる一瞬前に闇を見せる。
なぜか天使は、助けの手をさしのべる前に、一瞬、何かを試す。

引き寄せの法則では思考したものがなんでも実現してしまう。
だから、心から切望する本当の望みだけ実現させるために、世界はあなたの意思を確認しようとしているのかもしれない。

逆境で潜在意識の力を最大限に使う方法

①かならず道はあると信じる。何か手はある。ぜったいにある。

②信じたら、もう乗り越えたものと思う。その日1日、未来の不安を忘れて過ごす。今日できることだけやる。

③逆境を乗り切れることを確信し、半ばその問題を忘れて1日を生き切ったとき、ひらめきが来る。「なぜいままで気づかなかったのか…!」というような打開策が降りてくる。思いもよらない助け船がやって来る。

④ ①に戻って「1日」を繰り返す。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

いつもありがとう。 にほんブログ村 哲学・思想ブログ 引き寄せの法則へ【にほんブログ村 投票ボタン】

スポンサーリンク

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-, ,