なりたい自分の引き寄せ方  ―「憧れの人」になる方法

2017/02/09

admiresa

引き寄せの法則を、“なりたい自分になるため”に使っているあなた。
憧れの人のようになりたいと願っている人。
夢を実現したい人。

憧れの人が遠すぎて、手の届かない存在のように思えてしまうかもしれない。
なかなか思うような自分になれなくて、落ち込んでしまうこともあるかもしれない。

でも、大丈夫。
その人は、あなたと同じ人間。
誰でも、誰にだってなれる。

憧れのあの人のようになるにはどうしたらいいのだろう?

それは、あなたがなりたい「憧れの人」を分解してみること。
「分析」と言い換えてもいいかもしれない。

どんなにすごい人でも、あなたと同じ人間。完璧ではない。
ではなぜその人が「すごい」のかといえば、「すごい部分」をいくつか持っているから。
人は、一つでもすごい部分を持っている人のことを神聖視する。
一つ何かの部分で優れているだけで、その人のすべてが優れていると錯覚してしまうのだ。

だから、あなたもすべてが完璧でなくても、いくつか「すごい部分」を持つことで、すごい人になる。

「分解」したあなたの憧れの人を構成するさまざまなパーツ。
その中から、あなたが「憧れている部分」を見つけよう。
憧れの人を全体として見るのではなく、すごい部分だけ取り出して見るようにする。

すると、その「部分」だけなら真似できることが分かるはずだ。
どんなに有名で優秀な、とても手が届かないように思える人でも、部分的に見ればあなたとの共通点さえ見つかるだろう。

そして、憧れのあの人の「すごい部分」「良い部分」を真似する。
そうすれば、あなたもその人と同じ美点を持った人間になる。
同じどころか、複数の「なりたい人」を分解して、あなたが自分の中に欲しい部分だけ取り入れていけば、あなたは他の素晴らしい人たちと肩を並べるほどの独自の存在になることだろう。

「あの人のようになりたい」というモデルがあっても、けっして「あの人になりたい」と思ってはいけない。
“ように”なりたいと思っても、“に”なりたいと思ってはいけない。
あなたはあなただ。どんな有名人にも劣らない魅力がある。

すごい人を「分解」して見る方法を覚えると、有名人に憧れても、けっしてその人のすべてに憧れているわけではないことに気づくはずだ。
たとえば偉大な政治家に憧れたとして、その政治家の浮気癖まで真似たいと思うだろうか。
たとえば有名なアーティストに憧れたとして、その人が抱える私生活や精神的な問題まで同じように欲しいと思うだろうか。

他人への憧れは、常にその人の「美点」をもとにつくられているもの。
だから、その美点だけ取り入れればいいのだ。
“分解された人間的魅力”は、あなたの人格に取り入れやすい形になっている。
この『偉人分解法』を用いれば、あなたも、あなたが憧れるあの人の最も美しい部分だけを自分の中に引き寄せることができる。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-仕事・勉強のための引き寄せの法則
-,