確実に引き寄せの法則成功率を高める4週間プログラム

4week

確実に引き寄せの法則成功率を高める“4つの能力”がある。
ここではその4つの能力を、1週間に1つずつ身につけていく方法を紹介する。

・引き寄せの法則を実践するのが初めての人。
・もうすでに本などで学習して実践しているが成功しないという人。
・たまに成功するが失敗も多いという人。

すべての人が基礎力から引き寄せるパワーを高められるプログラムになっている。

1週間に1つずつ、引き寄せるための4つの能力開発トレーニングを見ていこう。

スポンサーリンク

1.ポジティブな考え

引き寄せの基礎力

引き寄せの基礎力となる、ポジティブな考え方。
第一週目は、前向きに考え、肯定的にものごとをとらえるトレーニングだけに集中しよう。

これは引き寄せの基礎力となって、今後のあなたの人生にたくさんの豊かさをもたらしてくれる脳力になる。

心の事実

ポジティブなエネルギーが重要だということは、すでに引き寄せの法則について書かれた本やブログなどで知っている人も多いかもしれない。
しかし、そこに書いてあるとおりいつもポジティブでいるのは想像以上にむずかしいのが実際だ。

気分がいいときは前向きに考えるのも楽だが、日々生きていればいいことも悪い事もある。調子がいい日も、悪い日もある。
つねに“いい気分”でいたくても、感情には波があるのが当然なのだ。

では、どうすれば“いい気分”の波に積極的に乗り続けることができるだろう?

心の方向づけ

ポジティブで気持ちいい心の状態をたもつには、自分の心に集中して、意識し、自覚し、自分の心を方向づけすることだ。

今週、1週間はポジティブな考え方を意識することだけに集中しよう。

人間の脳は本来、いちどに一つのことにしか集中できないようになっている。
また人間の心は、何も意識しなければネガティブな方向にかたむくようにできている。

自分の心が向いている方向を常に意識する――そのことだけに集中すれば、いままでどれだけ無意識のうちにネガティブな考え方をしていたのかに気づき、驚くはずだ。

ポジティブな方向に心を向けるにはエネルギーが必要だ。
その心的エネルギーを集中して使えば、より楽に積極的な心構えを身につけることができる。

そして、一定期間、心をポジティブに方向づけしておくと、潜在意識があなたの前向きな姿勢を引き継いでくれる。
そうなると、何も意識しなくても、楽に、いつでも肯定的なものの見方ができるようになる。

第1週目は、ポジティブな考え方を身につけることだけに集中してみよう。

2.プラスのイメージ

イメージング脳力を開発

第2週目は、イメージング脳力を開発することに集中しよう。

引き寄せの法則を成功させるには4つの要素があるが、1つずつ練習したほうが確実にうまくいく。
焦らず、この週は願望実現のための視覚化、ヴィジュアライゼーションのトレーニングのみに集中しよう。

ヴィジュアライゼーションとは ―視覚化の方法、コツ

“宇宙にまかせる”感覚をつかむ

1週間という期間を区切って「今週はプラスのイメージを思い描く練習だけをしよう」という意識で取り組む。
そうすると、引き寄せの法則を発動させる上でもっとも重要な姿勢、“どうやって実現するかは宇宙にまかせる”ことが自然とできるようになる。

イメージを実現させようと焦ることが、思考を現実化できない原因になる。
そして焦りから失敗を続けると、「イメージを実現させることはできない」という信念を強化してしまう。

どうしたら、焦らず、疑わずにイメージングする脳力を身につけられるのだろう?

それには、一定期間を区切って、ヴィジュアライゼーションの練習だけに集中することだ。
この週はイメージ力を鍛える練習だと思って、実現するかどうかは考えないようにしよう。

クリアーな想像力を獲得

この週は、あなたが実現したい願望がすでに叶っている状態、プラスのイメージを頭の中に描くことだけに集中しよう。

どうやって実現するかは考えない。
また、どのようにすれば潜在意識を有効に活用できるかなども考えない。

そうして余計なことを考えずに、練習のつもりで想像力を働かせれば、あなたの心は自由にイマジネーションを広げて、プラスのイメージを思い描くための神経ができてくる。
引き寄せ成功に必要なプラスのイメージを思い描く脳力が高まるのだ。

3.手放し

手放しとは

第3週目は“手放し”の練習に集中しよう。
これは非常に楽で、心が安らぐトレーニングになるはずだ。

手放しとは、実現したい願望への執着を手放すことを言う。
欲張らないということではなく、心を願望実現に向けた状態のまま肩の力を抜いてリラックスすることだ。

受け取りのコツをつかむ

手放しは、あなたが引き寄せたものを“受け取る”ために必要なプロセス。

多くの人が引き寄せを半ば以上成功させながらも、願望が実現しないとなげく理由は、この受け取りのプロセス、“手放し”ができていないことが原因だ。

リラックスするだけ

この週は、心と体をリラックスさせることだけを意識して生活してみよう。

夢の実現、問題の解決、お金の悩み、健康上の不安などはすべて宇宙にまかせ、あなたはただ心を落ちつけて過ごすことだけに集中しよう。

休み上手になるアファメーション

叶えたい願望や解決したい問題があって、どうしても心が落ち着かないという人はこのアファメーションを使ってみよう。

「リラックスするほど早く実現する」

「休むほど早く叶う」

「落ち着けばうまくいく」

この事実を、声に出して言ってみよう。
繰り返しつぶやくうちに、この事実が、あなたの心身をリラックス状態に導いてくれるだろう。

4weekb

4.潜在意識の活用

潜在意識があなたの望む未来を示す

第4週目は、潜在意識の声を聞くことに集中しよう。

引き寄せの法則を成功させる最後のステップは、潜在意識のみちびきにしたがって行動すること。
潜在意識、すなわち無意識の領域にある答えを引き出すことで、あなたは最小限の努力と行動で望む未来を実現できるようになる。

潜在意識とは 引き寄せの法則のための潜在意識活用法

潜在意識の声を聞く2つの方法

潜在意識の声を聞くためにはどうしたらいいのだろう?

もっとも分かりやすい方法は、問いかけてみることだ。

自分の心の奥深くに向かって問いかける方法は2つある。

1つは、声に出して聞いてみる方法。
あなたが実現したことを叶える方法、解決したい問題や悩みへの対処法を、声に出して自分自身に問いかけてみよう。

「○○を実現するには?」

「○○を解決する方法は?」

人と会話をするようにすぐ返答があるわけではないが、問いかけることであなたの想像を超える叡知を引き出せる確率は劇的にアップする。

もう1つの方法は、その問いかけを紙に書きだしてみることだ。

「○○を叶える方法は?」

「○○の悩みを解消するには?」

疑問文の形で書く。

紙はなるべく大きめのものが望ましい。
潜在意識からの答えが、ひらめきとなって大きな紙の余白を埋めてくれるからだ。

≪関連≫引き寄せたいなら『書く』こと

潜在意識の「答え」はこうして来る

注意したいのは、「声を聞く」と言っても、具体的な言葉として何か聞こえるというわけではないということ。
多くの場合、革新的なひらめきやヒントとなるような発見として、潜在意識は私たちに答えを示してくれる。

4つの引き寄せの条件を習慣化して引き寄せ体質になる

引き寄せる心の習慣

これら4つの引き寄せの法則発動の条件を、1週間に1つずつ集中しておこなおう。
1週間に1つずつ取り組んでいけば、あなたはこの力の使い方を潜在意識レベルで習得できる。
それは無意識のうちに実践できるあなたの新たな心の習慣となる。

無限に高まるあなたの引き寄せ力

4週間のプログラムを完了したら、また1週目から繰り返すとさらに効果が上がるようになっていく。
4つの引き寄せるための条件が、それぞれ上塗りされて強化されていく。

ポジティブな考え方。
プラスのイメージを思い描く脳力。
手放しによって受け取るコツ。
潜在意識を活用する方法。

あなたの引き寄せる力を劇的にパワーアップする4つの能力が、かけ算式に高まっていく。

引き寄せがうまくいかない原因を打破する

人生にはある程度、波や流れというものがあるが、引き寄せがうまくいかなくなるときは4つの能力のうちどれかが欠けている場合が多い。

このプログラムは今あなたが取り組んでいる夢の実現を加速させるために使うことはもちろん、「なんだか最近、調子がわるい」と思ったときにその原因をチェックするためにも使うことができる。

ぜひ一つひとつの能力が潜在意識に擦り込まれるまで焦らずに習得して、あなたの“引き寄せの基礎力”を高めるために活用してほしい。

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-, ,