「引き寄せ視点」になれる3つのお話

2017/05/19

1.「コップ半分の水」の話

3cupsa

水の入ったコップがあります。水はコップの半分まで入っています。
同じコップ半分の水を見て、ある人は「もう半分しか入ってない」と言い、ある人は「まだ半分も入っている」と言います。

この「コップ」はあなたの人生。
「半分の水」は、あなたの今いる環境、人間関係、パートナー、能力、お金、健康のこと。

ものごとのいい部分に意識を向けると、同じいい波長を持つものが引き寄せられる。
“欠乏感”に意識を奪われると、より“足りない”状態を引き寄せる。

コップに入った水をどう見るかは、あなたがなみなみと水が注がれたコップを引き寄せるか、空っぽのコップを引き寄せるかの選択。

コップの水はあなたの「自己価値観」をもあらわしている。
同じコップの水を見て、いっぽうは「私にはこれしか価値がない」となげき、もういっぽうは「私にはこれだけの価値がある」と思う。
引き寄せたものを受け取るのに必要な「自己価値観」。それは、実際にどれだけの資質があるかではなく、あなたが、あなた自身のことをどう見るかによって決まる。

スポンサーリンク

2.ミルクに溺れた2匹のカエルの寓話

3cupsb

2匹のカエルがつぼのフチを跳び回っていました。
つぼにはミルクがいっぱいに入っていました。
2匹はうっかり、ミルクのつぼの中に落ちてしまいました。
1匹は、すぐにあきらめて、溺れる覚悟をしました。溺れました。
もう1匹は、あきらめません。必死にミルクの中で泳ぎました。
すると、カエルの足でかき回されたミルクはバターになりました。
バターの地面乗って、もう1匹のカエルは助かりました。

「2匹のカエルの寓話」はまさに、引き寄せの法則の話。

引き寄せの法則では、願望が“どうやって”実現するかを考えない。考えてはいけない。
成功がイメージされた願いは“思いもよらない方法”で叶えられるからだ。

信じることで、想像すらできなかった方法で夢が叶う。問題が解決する。思い通りの結果になってしまう。
そのパワーは、あきらめた瞬間にキャンセルされてしまう。

引き寄せの力を最大限に高めておくための心構えがこのカエルたちの話から学べる。
それは、「実現するまで想像すらできないような方法がかならずある」と知っておくこと。

3.壺に石を詰める方法の話

3cupsc

ある大学でこんな授業があった。
「クイズの時間だ」教授はそう言って大きな壺をとり出し、教壇に置いた。
その壺に、彼は一つひとつ石を詰めた。
壺がいっぱいになるまで石を詰めて 彼は学生に聞いた。
「この壺は満杯か?」教室中の学生が「はい」と答えた。
「本当に?」といいながら、教授は教壇の下からバケツいっぱいの砂利を取り出した。
そして、砂利を壺の中に流し込み、壺を揺らしながら、石と石の間を砂利で埋めてゆく。
そうしてもう一度聞いた「この壺は満杯か?」学生は答えられない。
ひとりの学生が「多分違うだろう」と答えた。
教授は「そうだ!」と笑い、今度は教壇の下から砂の入ったバケツをとり出し、
それを石と砂利の隙間に流し込んだ後 3度目の質問を投げ掛けた。
「この壺はこれでいっぱいになったのか?」
学生は声をそろえて「いいえ」と答えた。
教授は水差しをとり出し、壺のふちまでなみなみと水を注いだ。
「僕が何を言いたいか、わかるだろう?」
ひとりの学生が手を上げた。
「どんなにスケジュールが忙しい時でも、最大限の努力をすれば、いつも予定を詰め込むことが可能ということです」
「それは違う」と教授。
「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私たちに示してくれている真実は、大きな石を先に入れない限り、それが入る余地は、そのあと二度とないということだ」
「私たちの人生にとって、大きな石とはなんだろうか?」
「それは仕事であったり、志であったり、愛する人であったり、家族であったり、自分の夢であったり。ここで言う大きな石とは君たちにとって一番大切なものだ。それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと君たちは、それを永遠に失うことになる。もし君たちが小さな砂利や砂、つまり自分にとって重要度の低いものから自分の壺を満たしたならば、君たちの人生は重要でない何かで満たされたものになるだろう。そして大きな石、つまり自分にとって一番大切なものにさく時間を失い、その結果、それ自体を失うだろう」

この話の「壺」は、引き寄せ実践中のあなたの頭の中のこと。

次から次へと人生に引き寄せられてくる「小石」に意識を奪われ、また小石を引き寄せて、心のなかを埋めていく。

大事なことは、小石から目をそらすこと。
そして、大きな石を見つめること。
大きな石とは、あなたの人生の目標のこと。
だから大切なことは、目標を持つこと。

人生の目標を持ったとき初めて、あなたの人生に流れ込む不要な「小石」が止まる。
あなたの心は大きな石=人生の目標で埋まってしまうから。もう、小石が入り込む隙はない。

最悪なのは、あなたの人生から「小石」を取り除くことに夢中になってしまうこと。
すでに積もってしまった小石はそのままでいい。
そのままで大丈夫。
壺の残りの隙間に入る最大限の大きさの石を選べば、かならずあなたの心は満たされる。人生は充実する。たとえ、すでに積もってしまった小石がどれだけ多くても。

あなたにおすすめ

記事下アドセンス

スポンサーリンク

-引き寄せの法則をより深く理解するために
-, , ,